中村紀洋 なぜセ・リーグにはいない? 柳田、山川、浅村、吉田正ら豪快なフルスイングが魅力の強打者たち

タグ: , , , , 2018/6/1

セとパで野球のスタイルが違う


 5月29日からセ・パ交流戦が始まりました。昔から「人気のセ、実力のパ」と言われていましたが、両リーグでプレーした私の経験上、野球のスタイルは確かに違うと思います。

 パ・リーグの特色として昔から豪快にフルスイングする打者が多いです。ソフトバンクの柳田選手、西武の山川選手、浅村選手、オリックスの吉田正尚選手はその代表格だと思います。セ・リーグでああいう選手がなかなか出てこないのは1点をコツコツ取る緻密な野球が重視される方針に加え、ドラフトで選手を獲得する球団、スカウトの方針に拠るところが大きいと思います。

 また、パ・リーグは少々制球が荒れていても、150キロ以上の直球を投げる選手がゴロゴロいます。セ・リーグは狭い球場が多いため、投手は長打を防ごうと球速より制球力、変化球の精度を重視する傾向があります。打者心理からすると制球がある程度まとまって逆球が少ないため、思い切って踏み込んで打てます。一気に大量得点を奪うパ・リーグの野球が交流戦でセ・リーグを圧倒するのはこのような要因があるからだと思います。

 私もフルスイングする打撃スタイルだったので、山川選手、柳田選手、吉田選手、浅村選手のような豪快な打者が好きです。交流戦でどういう打撃をするか楽しみですね。


■編集部からのお知らせ
3月7日に発売の雑誌「CoCoKARAnext」では読売ジャイアンツ・菅野智之投手のインタビューの他、プロ野球選手に学ぶ仕事術などストレスフルな時期を乗り越える情報を掲載。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

中村 紀洋(なかむら・のりひろ)

渋谷高で2年夏の90年に「4番・投手」で激戦区の大阪府予選を勝ち抜き、同校初の甲子園出場に導く。高校通算35本塁打。91年にドラフト4位で近鉄バファローズに入団し、「いてまえ打線」の4番として活躍した。00年に39本塁打、110打点で本塁打王、打点王を獲得。01年も132打点で2年連続打点王に輝き、チームを12年ぶりのリーグ優勝に導く。04年に日本代表でシドニー五輪に出場して銅メダルを獲得。メジャーリーグ挑戦を経て06年に日本球界復帰し、07年に中日で日本シリーズMVPを受賞した。13年にDeNAで通算2000安打を達成。15年に一般社団法人「N’s method」を設立し、独自のMethodで子ども達への野球指導、他種目アスリートを中心にトレーニング指導を行なっている。17年には静岡・浜松開誠館高校で硬式野球部の非常勤コーチに就任。高校生の指導に力を注ぐ。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧