西武前作戦コーチから見たソフトバンクの強さ

タグ: , , , 2018/11/3

 2018年パ・リーグの覇者、埼玉西武ライオンズで作戦コーチを務め、来季からはヤクルトの二軍チーフコーチに就任する橋上秀樹さん。シーズンを、そしてクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージを戦った相手として、二年連続日本一を目指すソフトバンクの強さを語ってもらった。

・合わせて読みたい→
「西武が日本シリーズで広島の弱点として突こうと思っていたポイント」西武前作戦コーチ・橋上氏が語る日本シリーズ展望1(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-interview-01/)

ソフトバンクは短期決戦用の戦い方を知っている


 ソフトバンクはシーズン当初、投手も野手も故障者が多かった。でも、故障者や不調だった選手が戻ってきてピッチャーが揃ってくると、そうは簡単に打てる投手力ではないですね。

その中で短期決戦用に武田、石川を中継ぎに回したというのは、工藤監督始め首脳陣の大ヒットですよね。彼らがブルペンに入ることによって、相手にとってはとても脅威になります。実際にCSファイナルで対戦した時、メットライフドームは相手チームのブルペンが見えるんですけど、誰が先発しても2回や3回くらいから次の投手練習が始まるんですよ。他のチームなら先発ローテーションを任されるような投手が第二先発としてすぐに用意できる。相手にとってはブルペンにそういった投手が出てきただけでプレッシャーになりますよ。

 今投げている投手が少しでもピンチを迎えれば、すぐにまた別の良いピッチャーに代えられてしまうし…。

工藤監督は「ソフトバンクの持っている戦力を最大限に使って西武に勝つ」とおっしゃっていたので、投手の使い方はまさにそれを実践されたという事ですよね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧