長野プロテクト外しは「確信犯」?

タグ: , , 2019/1/9

 2度も続いたら、もう「確信犯」だろう。

 巨人はFAで入団した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍すると発表した。同じくFAで獲得した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償で、西武に移籍した内海哲也投手(36)に続き、生え抜き功労者がチームを去ることになった。

・合わせて読みたい→
「長野スクープ」で実証、世間イメージと違う「東スポ」の取材力と人材育成力(https://cocokara-next.com/motivation/tokyo-sports-interview-method/)


 長野、内海には共通点がある。他球団のドラフト指名を蹴って「浪人」してまで、巨人入りを熱望。後にドラフト1位で入団し、複数のタイトルを獲得してチームの優勝に貢献した。「ジャイアンツ愛」を貫く2人に待っていたのは、FA獲得選手の代償で放出されるシビアな現実だった。

 いずれも選手会長を務め、チームリーダーとしての資質、人望の厚さも評価される2人だが、実力だけで考えてみる。昨季5勝の36歳内海は、5年連続2ケタ勝利から遠ざかり、プロテクト28人から外されたとしても不思議ではなかった。だが34歳長野は入団からバリバリのレギュラー。昨季は故障もあって初めて規定打席には届かなかったが、116試合に出場して打率.290、13本塁打、52打点の成績を残した。11年首位打者、12年最多安打の代わりを務めるほどの若手は見当たらない。

 巨人山口オーナーは「紛れもないチームの看板。残念だし、痛い」。石井球団社長兼編成本部長は「チームの変革の時期とは言え、内海選手に続き、チームの顔として活躍してくれた長野選手を送り出すのは、断腸の思い」。大塚球団副代表は「まさかベテランを取るとは。ショック」。そもそもプロテクトリストから外した時点で流出のリスクは生じるだけに、球団幹部のコメントはしらじらしく感じてしまう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧