林昌範が驚いた日本ハム・宮西のプロ意識とは

タグ: , , , 2018/7/2

2年目で自分のフォームの修正方法を見つけられる選手はなかなかいない


 日本ハム・宮西投手が6月31日のオリックス戦で史上40人目の600試合登板を達成し、歴代1位タイの273ホールドを達成しました。僕は日本ハムで09年から3年間、同じ左の救援という立場で一緒にプレーしていましたが、凄いという言葉以外見当たらない大記録です。宮西投手は新人の08年から昨年まで10年連続50試合以上登板しています。マウンドに当たり前のように立ち、結果を出し続けている。特に凄いと思うのが彼のマウンド上の姿です。

 今年でプロ11年目。年齢もあり球速が多少落ちてきた時、新しい変化球を覚えたりするなど細かな部分は変化しましたが、投球スタイルは新人の時から全く変えていないと思います。打者に対して強気に攻める姿勢、どれだけ疲れていてもマウンドに立てば全力で「腕を振れる」体に仕上げている。「腕を振れる」というと簡単な言葉になってしまうのですが、これが投手の感覚では非常に難しい事なのです。

 
 例えば移動試合の時、朝から新幹線や飛行機に乗って球場に向かいます。早朝の移動で寝てしまうと体がだるい。球場に着いて体を動かしてもキレがなかなか戻りません。前日に登板していると肩の張りも残っている。そんな状態でも彼はあることを凄く意識していたなと思います。

 
 それは、「キャッチボール」です。もちろん、プロの選手はみんなそれぞれ意識をしながらやっていますが、彼は意識が非常に高かったです。2年目のときから体が開かないように意識付けるキャッチボールをオリジナルに考えてやっていました。2年目で自分のフォームの修正方法を見つけられる選手はなかなかいません。才能だけでなく飽くなき向上心で地道に努力を重ねる。中日の岩瀬投手、巨人の山口鉄也投手もそうですが、救援で長年活躍し続けている選手には尊敬の念しかありません。

 今年も投球内容が安定しています。日本ハムが首位争いを繰り広げられている一因として、宮西投手の頑張りもあると思います。ケガだけに気をつけて、次は300ホールドという誰も成し遂げていない記録を目指して頑張ってほしいです。

・合わせて読みたい→
本塁打は誰でも打てる 中村紀洋が「コンパクト打法」に警鐘(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/batting-form-homerun/)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

林 昌範(はやし・まさのり)

1983年9月19日、千葉県船橋市生まれの34歳。市立船橋高から01年ドラフト7巡目で巨人入団。06年には自身最多の62試合に登板するなど主に救援で活躍。08年オフにトレードで日本ハムへ移籍した。11年に退団し、12年からDeNAに加入。昨オフに戦力外通告を受けて現役引退した。通算成績は421試合で22勝26敗22セーブ99ホールド、防御率3・49。186センチ、80キロ。左投左打。家族はフリーアナウンサーの京子夫人と1男1女。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧