井上尚弥が目指すボクシングスタイル~目標・モチベーションとなるモノ~

タグ: , , 2017/12/29

強すぎて対戦相手が見つからない・・・

 強者の宿命。ボクシングの世界では、それが残酷にのしかかるケースがある。強すぎるがために、対戦相手が見つからないのだ。実績ある好敵手からは、時に敗北を恐れて敬遠される。井上尚弥も強さがゆえに、その呪縛と無縁ではない。

「対戦相手で気持ちが上がらない時も、正直あることはあります。でもそこは、そういう相手にどう勝つか。どんなパフォーマンスで圧倒できるかに焦点を当てていますね」

 5年前、井上父子がプロ入りに際して、大橋ジムに出した条件。「強い選手とだけ戦う」。規格外のポテンシャルから、残念ながらその条件がいつも守られているとは言い難い。

目標、モチベーションとなるモノ

 キャリア初の米国遠征となり、大いに注目を集めた今年9月のアントニオ・ニエベス戦。ダウンを奪ってのストップ勝ちで6度目の防衛を果たすが、終盤には勝利を放棄したかのように逃げ腰の挑戦者を前に戸惑いを隠せなかった。


「僕はKOしたい気持ちが強くて、ああなるとやっぱりダメですね。1ラウンド目から大振りになったり。全く自然体ではなかった。空振りでバランス崩したり。日本でみせることはないような試合内容でしたね。」

 苦笑いで振り返る。相手の状態以上に、自らの精神面に苦言を呈するかのように。挑戦者のパフォーマンスは決して高くなかったが、初の米国遠征で気負いすぎた自分のボクシングこそが問題だった。

「相手が自分の期待していた相手ではなかったら。その時は自分がいかに強さを発揮して倒すか。モチベーションという意味では、今はもう相手とかではなく、自分の強さをいかに見せるかですね。」

キャリアの中でのプロ6戦目と8戦目

 絶対王者は孤独でもある。リング上では1対1で対戦相手と向き合わねばならない、という単純な話ではない。競う相手は他の並み居るボクサーたちではなく、誰よりも自分自身なのだ。

 そんな井上が高い緊張感の中で臨んだ試合が、6戦目と8戦目。14年4月にWBC世界ライトフライ級王座に挑んだ試合と、同年12月にWBO世界スーパーフライ級王座に挑んだ試合。戦前から勝利を確信していたわけではなかった。

「自分が挑戦者でしたし、自分でも勝つか負けるか分からないなと思っていました。ただ自分が求めていた結果とは全然違いましたね。もっと苦戦すると思っていた。もともと判定で勝とうと考えていましたし。」

 6回TKOで当時国内最短記録となるプロ6戦目での世界王者になると、年末には2回KOで当時世界最短記録となる8戦目での世界2階級制覇を達成。研ぎ澄まされた緊張感と高いモチベーションが、本来の姿を解き放ったかのようだった。

「単にすごい選手同士でやれば盛り上がりますよ。常に強い相手と大きな舞台で、というのは会長にオファーし続けています。」

 より高い壁が、本当のポテンシャルを引き出してくれることも知っている。格下相手にもパフォーマンスを落とすことなく高い次元で発揮できるように。その姿勢を崩すことなくキープし続け、巨大な敵とのぶつかり合いを心の底で望んでいる。

■ 編集部からのお知らせ
 12月7日に販売される雑誌「CoCoKARAnext」では《日常のなかで気軽にできる最強の運動【歩く】の5W1H》を特集する他、現WBO世界王者の井上尚弥、高木豊と3人のJリーガー息子の「高木家の人材育成論」等、アスリートと一流仕事人に学ぶ情報が満載。今号はプレゼント企画も実施中です。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

井上尚弥 (いのうえ・なおや)

1993年4月10日、神奈川県座間市出身。
今もコンビを組む父・真吾氏の下、小学1年でボクシングを始める。相模原青陵高校時代に7冠を達成し、2012年に大橋ジムからプロ入り。戦績14戦全勝(12KO)。15年に結婚した高校時代の同級生との間に今年10月、長男が誕生した。

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧

ストレッチ (24) 鈴木尚広 (20) 元巨人 (22) 島田亨 (4) お酒 (9) 元楽天野球団 (9) 武田翔太 (6) 福岡ソフトバンクホークス (12) 怪我 (2) 動画 (33) ローカーボ (4) 食事法 (33) メンタルケア (12) 夏バテ防止 (5) 疲労回復 (3) 肌荒れ改善 (1) アトピー改善 (1) 松田宣浩 (6) 安眠 (2) むくみ改善 (2)