井上尚弥 13連打の中で気付いた今後への課題と教訓

タグ: , , 2018/5/28

世界中から「タイソンやゴロフキンのようだ」と言う声…


 「マイク・タイソンみたいだった……」

 2018年5月25日、井上尚弥(大橋)が王者ジェイミー・マクドネル(英国)を1ラウンドで仕留め、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級のベルトを強奪した試合直後。ヒーローの帰還を待つ舞台裏のそこかしこから、そんな声が聞こえてきた。

 マイク・タイソン(米国)とは、言わずと知れた元統一世界ヘビー級チャンピオン。ヘビー級史上最年少の20歳で頂点に立った男は、一言でいえばどこまでも凶暴なボクサーとして恐れられた。

 「アイアン(鉄人)」と形容されたハードパンチと、瞬間移動のような踏み込みでKOの山を築いた。そんな20年以上も前に活躍したボクサーの姿を想起させるほど、この日の井上尚弥はどう猛だったということだろう。ただ、これを井上尚弥は額面通りの「称賛」とは受け取らないはずだ。

 それは試合後の言葉からも感じられた。

「今日はめちゃくちゃ硬かった。ぶん回してしまいました」

 象徴的だったのがフィニッシュの連打シーンだ。

フィニッシュの13連打の中で気付いた今後への課題と教訓

 1度目のダウンから立ち上がってきたマクドネルをロープに詰めた直後。左右を振り回した13連打は、よく見ると2発ほどしかクリーンヒットしていない。しかも、その間にマクドネルの右ストレートを2度もらい、わずかながらのけぞる場面もあった。

 一昔前ならタイソン、最近ならミドル級で20連続防衛を果たした3団体統一チャンピオン、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のような豪腕ぶりでなぎ倒してしまったのだが、防御も一流の井上尚弥には珍しい場面だった。

 「最後の連打は(試合後に)映像で見たけど、(ガードが)ガラ空きになっていた。あそこで気持ちと体を一体化させていかないと。いつか(パンチを)もらってしまう。修正していかないといけない」

 試合後はやはり本人からも反省の言葉が聞かれた。既にマクドネル自身のダメージが深くて事なきを得たが、狙い澄ましたカウンターを打ち抜かれたら井上尚弥とて立っていられたかどうか。

 そこまで井上尚弥がヒートアップしたのは、やはり前日計量を巡る一件があったからだろう。

 マクドネルは1時間以上も遅刻して井上尚弥を待たせたばかりか、まるで悪びれた様子も見せなかった。

「最後のラッシュしているときは怒っていましたね。それが力みに出ていた」

 と井上尚弥は素直に認めた。

 実は同じような経験を去年もしている。初めての米国遠征で「KOしたい気持ちが強すぎて」パンチが大振りになってしまったのだ(結果は相手の棄権によるTKO勝利)。試合翌日に襲われた強烈な筋肉痛が、過度の力みを物語っていた。

 プロ転向前の2012年ロンドン五輪出場最終予選でも、勝てば五輪切符が手に入るという大一番で前のめりになりすぎ、攻め手にはやって敗れた。今回は三たび、メンタルコントロールの重要性を再認識する機会になったかもしれない。

 リング上で高らかに宣言したように、今年秋にも始まる賞金トーナメント大会「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」に参戦するつもりだ。世界ボクシング機構(WBO)王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)やWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)ら強敵が待ち受ける。

 一瞬のミスが命取りになるハイレベルな戦いを前に、今回の圧勝は良いアピール、そして良い教訓ともなったはずだ。井上尚弥はそうやって明日の力に変えることができる、聡明(そうめい)さと意識を持ち合わせたアスリートである。

2017年11月撮影


■編集部からのお知らせ
3月7日に発売の雑誌「CoCoKARAnext」では読売ジャイアンツ・菅野智之投手のインタビューの他、プロ野球選手に学ぶ仕事術などストレスフルな時期を乗り越える情報を掲載。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

井上尚弥 (いのうえ・なおや)

1993年4月10日、神奈川県座間市出身。
今もコンビを組む父・真吾氏の下、小学1年でボクシングを始める。相模原青陵高校時代に7冠を達成し、2012年に大橋ジムからプロ入り。戦績16戦全勝(14KO)。15年に結婚した高校時代の同級生との間に17年10月、長男が誕生した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧