中村紀洋が「ユーチューバー」になった理由とは

タグ: , , 2018/7/6

・合わせて読みたい→
本塁打は誰でも打てる 中村紀洋が「コンパクト打法」に警鐘(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/batting-form-homerun/)

動画で見て頂く形が魅力的に感じた

中村紀洋 YouTubeチャンネル『N’s style』より


 今月2日から自分の野球人生で培った野球理論(N’s method)が皆さんのお役に立てればと思い、Youtubeチャンネルを開設しました。野球をやっている子供たちはもちろん、草野球でプレーされている方や指導者の方にも見て頂けたらありがたいです。自分が今までやってきた感覚と違ったことに気づいて取り入れてみても面白いのではないかと思います。

 僕は現役時代に他の人へ教えることを意識しながらプレーしていました。例えば、あるプレーができなかったらこういう体の使い方をすればいいというのがわかります。でもそれをどう伝えるかが非常に難しい。いかにわかりやすく伝えられるか。「こんなこともできないのか」と怒鳴るなど論外です。プロができることを子供が簡単にできるとは思いません。例えば、同じ小学生でも低学年と高学年の子ではアドバイスする言葉の掛け方が変わってきます。できなかったら何が原因か話し合って解決すればいい。子供たちがどんどんうまくなっていく姿を目の当たりにするとこちらもうれしくなります。

 YouTubeチャンネルを開設したのは野球の面白さを広めたいという思いと共に、動画で見て頂く形が魅力的に感じたからです。野球の指導は文章では伝わりにくい部分も動画で見ればわかりやすい時があります。初回は「キャッチボール」について動画配信しました。2回目以降も守備、打撃など野球の楽しさをどんどん伝えていきたいと思います。動画を見て頂いてもっと直接指導を受けたいという子供もいます。本当にありがたいことです。兵庫県西宮市のトレーニングスタジオ「N’s method」で直接指導を行っていますが、これからも野球の魅力を様々な形で発信していきたいと思います。

【野球ファン必見】中村紀洋 YouTubeチャンネル『N’s style』開設!!(https://goo.gl/Jxj56X)

・合わせて読みたい→
本塁打は誰でも打てる 中村紀洋が「コンパクト打法」に警鐘(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/batting-form-homerun/)

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

中村 紀洋(なかむら・のりひろ)

渋谷高で2年夏の90年に「4番・投手」で激戦区の大阪府予選を勝ち抜き、同校初の甲子園出場に導く。高校通算35本塁打。91年にドラフト4位で近鉄バファローズに入団し、「いてまえ打線」の4番として活躍した。00年に39本塁打、110打点で本塁打王、打点王を獲得。01年も132打点で2年連続打点王に輝き、チームを12年ぶりのリーグ優勝に導く。04年に日本代表でシドニー五輪に出場して銅メダルを獲得。メジャーリーグ挑戦を経て06年に日本球界復帰し、07年に中日で日本シリーズMVPを受賞した。13年にDeNAで通算2000安打を達成。15年に一般社団法人「N’s method」を設立し、独自のMethodで子ども達への野球指導、他種目アスリートを中心にトレーニング指導を行なっている。17年には静岡・浜松開誠館高校で硬式野球部の非常勤コーチに就任。高校生の指導に力を注ぐ。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧