Bリーグ最長歴史の名門チーム、開幕5連敗のち2連勝

タグ: , , , 2018/10/22

〇三河 76 ‐ 71 SR渋谷●

 71年の歴史の中で「記憶にない」と言う前節までの開幕5連敗のチームが、まるで別のチームのようだった。

・合わせて読みたい→
日本代表・比江島、橋本が移籍した三河 新体制にエース・金丸晃輔「僕の方が移籍した感じ(笑)」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seahorse-mikawa-new-system/)

前日20日に続いて、岡崎でサンロッカーズ渋谷を迎えた今節の「岡崎信用金庫 presents シーホース三河ホームゲーム」BURN THE BLUE BOOSTERは、恒例の餅まき・菓子まきをスーパーガールズと一緒に参加できる「餅まき・菓子まき体験イベント」や、キャプテンの狩俣選手への花束贈呈や始球式(フリースロー)を体験できる「始球式体験イベント」で盛り上がる中、試合がスタート。

鈴木貴美一ヘッドコーチが「成長してもらわないと困る」と言う今季栃木から加入した生原秀将が39分58秒の出場で15得点6アシストと躍動。シーホース三河に2連勝をもたらした。新加入のジェームズ・サザランドもゴール下に切り込んで豪快なシュート、外からも点を重ねて、25得点と大暴れした。

 三河は次節、10月24日(水)にホームで中地区首位の富山を迎える。開幕から5連を喫し、今節は強豪・渋谷を相手に2連勝。ようやく「新生・三河」が機能し始めたところで、首位・富山との対戦は序盤の天王山とも言える試合だ。

1Q 三河17–18 SR渋谷


桜木 11得点でチームに勢い

スターティング5は、昨日のGame1 と同じ#5バッツ、#14金丸、#24加藤、#32桜木、#46生原。

「お互い勝ちに飢えたチーム」(鈴木HC)の対戦は1Qから激しくぶつかり合う。「1Qから飛ばしていくぞ」という鈴木HCの激を受け、SR渋谷のタイトなマークに苦しみながらも#32桜木、#14金丸が積極的にリングにアタック。#32桜木が11得点を記録し、チームに勢いをもたらした。SR渋谷も#34ケリーを中心に襲いかかるが、#5バッツ、#24加藤、#46生原が粘り強いディフェンスやリバウンド争いで対抗。1Qは互角の攻防となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧