創部71年目の名門チーム 開幕5連敗→7連勝→3連敗 新体制の試練はつづく…

タグ: , , , 2018/11/12

 シーホース三河@サンロッカーズ渋谷の第2戦は、リードチェンジを13回繰り返す激戦となった。第3節の川崎戦以来の出場となったグラント・ジェレットが20得点8リバウンド3アシスト、4Qはフィールドゴールを100%の確率で決める活躍を見せたが、わずかに2点が届かず惜敗。アウェーでの連戦を3連敗で終えた。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

 前週は2試合連続30得点をあげた「リアル・三井寿」、エース・金丸晃輔がアウェー3連戦で得点が少なく気が掛かりだが、今季から加入のジェームズ・サザーランドとジェレットが得点数はもちろんだが、チームとの連携が見られ活躍し始めたのが今後の明るい材料となるか。

 一方、サンロッカーズ渋谷はシーズン序盤からの不調が嘘のように、チームが噛み合い始めて3連勝。元NBAロバート・サクレ、ライアン・ケリー等、本来の個々能力は非常に高いものがありながら、開幕から大幅に負けが先行していたが、ようやく覚醒したようだ。

1Q SR渋谷 19–16 三河


立ち上がりからアップテンポな展開に

スターティング5は、#12西川、#14金丸、#32桜木、#33ジェレット、#46生原。

第2戦は昨日とは一変し、序盤から激しい点の取り合いとなる。
SR渋谷が#34ケリー、#6サクレの得点で先行すれば、#0サザランドが連続得点で同点に。SR渋谷が#7伊藤がファストブレイクから得点を挙げれば、三河は#12西川が#32桜木との合わせからの連続得点で追いつく。
中盤以降は、SR渋谷#32山内、#22長谷川の連続3Pシュートで離されるも、#12西川、#32桜木のインサイドで加点し、3点ビハインドで2Qへと入っていった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧