71年目の名門チーム、まさかの今季ワーストで天皇杯ベスト8で敗退

タグ: , , , 2019/1/11

 1月10日、第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会ファイナルラウンドの準々決勝がさいたまスーパーアリーナで開催された。全選手がブルーのバッシュを履き、気持ちを一つにして臨んだシーホース三河だったが、アルバルク東京の堅守に得点を伸ばせず、三河 55–73 A東京で準決勝進出を逃した。

・合わせて読みたい→
理不尽な状況下でも冷静さを保つ秘訣「リアル・ミッチー」(https://cocokara-next.com/motivation/real-mitchi-coolness-secret/)

1Q 三河 11–17 A東京


お互い様子を伺うような慎重な立ち上がりに

スターティング5は、#5バッツ、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。

A東京に#53カーク、#3安藤の連続3Pシュートで先手を取られるが、#14金丸のバスケットカウント、インサイドから#32桜木、#5バッツの得点を挙げて互角の展開となる。

両者ともにシュート確率が悪く、リズムが掴めない時間が続き、三河 11–17 A東京でロースコアの1Qを終えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧