判断ミスで敗戦の責任を背負い込んだエースが1年越しのリベンジ。三河が昨季覇者・栃木に2連勝でCS準決勝進出

タグ: , , 2018/5/13

21点のリードがわずか3点に。「パスはしないで自分で打ち切ろうと思った」

 Bリーグ・チャンピオンシップ(CS)準々決勝が行われ、シーホース三河が栃木ブレックスを80-75で2連勝を飾り準決勝進出を決めた。栃木は昨季のCS準決勝で敗れた因縁の相手。チーム最多の21得点をマークした比江島は「昨年の経験があるから反省を生かしたいと思った。絶対に勝たせようと。昨年と気持ちの面々で全然違った」と安どの表情を浮かべた。

 1年前の悔しさを誰よりも強く感じていたのが比江島だった。昨年のCS・栃木との対決は5分ハーフの「第3戦」で自身の判断ミスが勝敗の明暗を分けた。2点リードで迎えた試合終了残り25秒。相手エリア内でパスを選択したがスティールされて速攻から同点弾を許した。逆転負けを喫した試合後、「最後の最後、自分の判断ミスで負けたので悔しいです」と敗戦の責任を背負った。

 先勝して2戦目のこの日。楽勝ムードから一転、昨年の悪夢がよぎった。第4クォーター開始で6連続ポイントを決めて68-47と最大21点差まで突き放すが、ここから栃木の猛追に苦しんだ。残り30秒で78-75とリードはわずか3点に。窮地を救ったのはエースだった。「昨年の悔しい思いが(試合中に)よみがえってきた。パスはしないで自分で打ち切ろうと思った」とマッチアップする喜多川の厳しいマークを振り切り、ジャンプシュート。勝負を決定づける2得点に右手の人差し指を突き上げた。

 鈴木貴美一ヘッドコーチも「彼(比江島)が一番負けた悔しさを口にしていた。(今日は)目を見て『絶対にやる』と思って多くボールを持たせた。さすがだなと思いました」とエースの働きぶりを絶賛。比江島は「チャンピオンシップでもこの(レギュラーシーズンの)倍の声援を」とファンに呼び掛けていたが、試合後のヒーローインタビューも独特の言い回しでホーム・ウィングアリーナ刈谷に詰めかけた満員のブースターから大歓声を浴びた。「みなさんをファイナル(決勝)に連れていくので、3倍…2.5倍の声援を宜しくお願いします」。呪縛から解き放たれた。このまま頂点まで一気に駆け上がる。


■編集部からのお知らせ
3月7日に発売の雑誌「CoCoKARAnext」では読売ジャイアンツ・菅野智之投手のインタビューの他、プロ野球選手に学ぶ仕事術などストレスフルな時期を乗り越える情報を掲載。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

比江島 慎(ひえじま・まこと)

1990年8月11日生まれ、福岡県出身。190㎝/88kg。福岡市立百道中学、京都・洛南高校を経て青山学院大学。青学大では2年連続インカレ制覇を達成し、2013年からアイシン三河(現・シーホース三河)へ入団。切れのあるドライブを武器にルーキーイヤーから活躍。2015年のリーグ制覇に貢献。Bリーグ初年度の昨年は、セミファイナルの延長戦残り30秒からの逆転負けを喫し、今シーズンは雪辱に燃える。日本代表でもエースとして活躍中。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧