来季こそ「生きた教材」イチローが必要 解体&再建モードで若返りのマリナーズ

タグ: , , 2018/12/5

 マリナーズが完全に解体&再建モードへと突入した。3日(日本時間4日)、大型トレードを続けて2件成立させ米球界を驚かせた。

 7選手が動くメッツとのトレードでチームの顔とも言える通算2470安打、311本塁打のロビンソン・カノ二塁手と、今季リーグ最多57セーブで防御率1・96と鉄壁の守護神エドウィン・ディアスを放出。
フィリーズとも計5選手が動くトレードをまとめて、打率・304のジーン・セグラ内野手と、中継ぎ投手のジェームズ・パゾス(60試合登板)、フアン・ニカシオ(46試合登板)を放出した。

・合わせて読みたい→
元対戦コーチが語る大谷翔平のポテンシャル(前編) 「メジャーで三冠王狙える」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-potential-01/)


 すでに今年5月にノーヒットノーランを達成した11勝左腕ジェームズ・パクストンをヤンキースへ。正捕手だったマイク・ズニーノをレイズへ、セットアッパーのアレックス・コロメをホワイトソックスへ放出している。オールスター5度で通算360本塁打のネルソン・クルーズもFAとなり退団した。

 米メディアは「マリナーズは2019年を見ていない。2021年に優勝を争うチームとなることを目指している」と盛んに書き立てている。そこで注目されるのが、今年5月に今季中の休養を発表し、球団会長付特別補佐に就任したイチローの存在だ。

 ジェリー・ディポトGMは今年3月にイチローが古巣復帰を果たして以来、「メンター」という言葉を何度も繰り返してきた。直訳の意味は、仕事をこなす上での指導者、助言者。日本風に古く言えば「師匠」といったところか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧