林昌範が驚いた 現役引退するDeNA・加賀のプロ意識とは

タグ: , , , 2018/9/17

 ペナントレースも終盤に差し掛かり、優勝争いやクライマックス・シリーズ争いで盛り上がっていますが、この時期は今季限りでユニフォームを脱ぐ選手が報道される寂しい時期でもあります。


 特に今年は巨人・杉内俊哉さん、栃木ゴールデンブレーブス・村田修一さん、DeNA・後藤武敏さんなど野球界を長年引っ張ってきた「松坂世代」の先輩方が今季限りでの現役引退を表明しました。皆さんがご存知の素晴らしい成績を残した選手たちでも、故障、若手の台頭、チームの編成状況など様々な理由で引退しなければいけない。厳しい世界だなと改めて考えさせられました。

 「松坂世代」の先輩方の現役引退が大々的に報じられる中、DeNA・加賀繁投手も先日に現役引退を発表しました。加賀投手には特別な思いがあったので、引退の一報を聞いたときは非常に複雑な気持ちでした。僕が現役時代、12年にDeNAに移籍してから同じ中継ぎで共に戦いましたが、本当に「チームの為に投げる」投手でした。本人も引退会見でバレンティン選手との対戦を印象深いこととして挙げていましたし、ファンの方もそのイメージが強いと思いますが、僕は縁の下の力持ちとして頑張っていた姿が忘れられません。試合の中盤以降ほとんどの強打者に合わせてブルペンで肩を作っていました。もちろんそれが加賀投手の仕事ではありますが、ブルペンで何度も気持ちを入れて、試合では投げないの繰り返しの中で彼は愚痴一つ言わずブルペンを行き来していた姿に感銘を受けました。

・合わせて読みたい→
村田修一と共に新人で乱闘に参加…引退に同期入団の特別な思い(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/shogokimura-serialization-30/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧