close

松坂世代の強い絆…クリケッター・木村昇吾がうれしかった再会

タグ: , , , , 2018/2/27

横浜(現・DeNA)同期入団の河野友軌が激励に

 クリケッターの木村昇吾です。連載2回目の今回は「うれしかった再会」について。


 24日の栃木・佐野のクリケット競技施設で練習した際、プロで同期入団の河野友軌が来てくれました。僕と河野は02年のドラフトで横浜(現DeNA)ベイスターズに入団。大卒で同級生の野手は自由枠の(村田)修一、8位指名の河野、11位指名の僕でした。当時、河野とはお互いに下位指名でファームからはい上がろうと切磋琢磨していました。まだ鮮明に覚えているのが04年の出来事です。河野はオープン戦で打率4割をマーク。それでも外野の層が厚くてなかなか1軍の試合に出られない。ファームにいる時に「内野の守備を教えてくれ」と言ってきたのです。本当の理由はわからないけど僕に聞いてくれたのが、凄くうれしかった。一緒に全体練習が終わった後も日が暮れるまで2人でゴロ捕り、ノックを打ち合う日々。コーチに「おまえらそろそろ帰れよ」と言われても続けていました。2人とも1軍で活躍したいと必死でしたから。あの横須賀の風景はまだ脳裏に焼きついています。河野は08年限りで現役引退しましたが、僕が広島、西武に移籍した後も球場に来てくれて交流は続いています。

 今回は実際にクリケットの防具をつけて河野に打撃練習をしてもらいました。なかなかうまく打球をはじき返せず、「難しいけど面白いな。試合日程が決まったら教えてくれ。観に行くから。頑張れよ」とうれしそうに帰っていきました。僕も河野も37歳の「松坂世代」。(松坂)大輔や凄い選手がたくさんいる特別の世代です。その端くれとして一括りにしてもらえることがうれしい。クリケットの現役でプレーできることが幸せやなと思うし、同世代が頑張っている姿を励みに、クリケットで成功したいと改めて思いを強くしました。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【リピート多し!】①Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧