木村昇吾がクリケット普及活動でオーストラリア大使館へ

タグ: , 2018/7/31


 今回は26日にオーストラリア大使館へ伺った話です。大使館はなかなか行ける場所ではありません。こういった機会を作って頂いた方に感謝します。日本は野球、サッカーが人気でクリケットはまだまだマイナースポーツですが、オーストラリアは国民的な人気スポーツです。

 「日本で普及を広げるにはどうしたらいいのか」という話題になりました。最近は僕がプロ野球選手からクリケットに初めて転身した選手として注目されていますが、これはクリケットの普及へ大きなチャンスだと思います。

 僕自身が目指している海外挑戦の話も出ました。オーストラリアは6月に3週間、武者修行させてもらった場所です。クリケットが根付いている国で選手個々の技術も非常に高い。

・合わせて読みたい→
中村紀洋は左打者だった…右に変わった運命の打席とは(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/norihironakamura-was-left-batter/)

 オーストラリア大使館でもお話させてもらいましたが、現地に行ってプロリーグで活躍したいと強く思いました。海外で成功することでステップアップしていけば、大金を稼げる可能性が広がります。そうなれば、クリケットに憧れて子供たちの競技人口も増えていくと思います。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部 平尾類]

木村 昇吾(きむら・しょうご)

1980年4月16日、大阪府生まれの37歳。尽誠学園で3年夏に甲子園出場。愛知学院大に進学し、遊撃手でベストナインを5度獲得するなどリーグ通算打率・318、5本塁打。02年ドラフト11位で横浜に入団。07年オフに広島にトレードされ、11年は遊撃のレギュラーをつかみ、自己最多の106試合出場で37犠打をマーク。15年オフにFA権を行使したが移籍先が難航し、西武にテスト生で入団。昨年限りで戦力外通告を受け、クリケットに転身。インドのプロリーグでの活躍を目指す。あずさ夫人と子供は1男2女。

木村昇吾公式サイト(http://shogokimura.net/)

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧