close

相次ぐ松坂世代の引退…元同僚の加藤健が見た村田修一の素顔

タグ: , , , , 2018/10/3

 村田修一、杉内俊哉、後藤武敏、小谷野栄一、矢野謙次と、松坂世代のビッグネームたちが続々とユニフォームを脱ぐ。同じく松坂世代としてプロ野球に入り、先にユニフォームを脱いでいった同級生たちが、第二の人生を歩む元同僚にエールを送った。

 9月17日に東京・渋谷区の白寿生化学研究所本社ビルで行われた「田中大貴と松坂世代たちが今、全てを語る!THE高校野球」の第3回トークショー。同イベントは自身も高校球児だった元フジテレビ・アナウンサーの田中大貴さんの声掛けで、新発田農業高校から読売ジャイアンツに入団し、現在はBCリーグの新潟アルビレックスBCで球団社長補佐を務める加藤健さん、田中大貴さんと慶應大学野球部同期で、西武ライオンズ、横浜ベイスターズで活躍した後、2017年に新潟アルビレックスBCで現役を引退した長田秀一郎さんが登場した。プロ野球の厳しさやBCリーグを知る二人が、盟友たちの引退に言及した。

「シュウが来てくれてすごいいい影響を与えてくれた」


 ジャイアンツで共にプレーし、2017年に現役を引退。今年は同じBCリーグに身を置いた加藤さんは、「シュウは同じBCリーグの舞台で近くから見ていました。一ファンからすると、守備も打撃もまだまだやれるという気持ちでしたけど、期限がきちゃいましたね」と早すぎる引退を惜しんだ。

また、「シュウが来て、BCリーグの選手もシュウに教えてもらったりとか、すごくいい影響を与えてくれた。うちの選手も、栃木と対戦する時はシュウがノックを受けたり、バッティングをしているのをズラーッと並んでよく見ていましたね。『村田さんに話しかけていいですか?』とか、『村田さんってあんなに話しかけてくれる人だったんですね』とか、選手たちにとっても憧れだった。シュウの方から相手チームなのに近寄ってきてくれて、『なんでも聞いて。なんでも教えるから』って言ってくれるんですよ。僕は敵チームでしたけど、すごく嬉しかったですね」と、BCリーグでの村田選手の人間性が垣間見えるエピソードを披露。

・合わせて読みたい→
「ノムさんの右腕」が語る「野村ノート」、「ID野球」誕生秘話(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/masanorimatsui-chronicle-04/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧