珍事!日本シリーズMVPに甲斐 「打てない捕手」受賞は史上初

タグ: , , , 2018/11/4

  プロ野球日本シリーズは、ソフトバンクが広島を4勝1敗1分けで下し、2年連続日本一に輝いた。シリーズMVPに選ばれたのは甲斐拓也捕手。広島の機動力を完璧に封じ、6連続盗塁阻止のシリーズ新記録を樹立。打率.145ながら「甲斐キャノン」と呼ばれる鉄砲肩が評価され、捕手では09年の巨人阿部慎之助以来9年ぶりの受賞となった。

 育成ドラフト入団選手では初の快挙。「ありがとうございます。ちょっと、びっくりしました。僕とは思えなかったので、本当にうれしく思います。ピッチャーの方がけん制やクイックを頑張ってくれた結果です」と感謝の言葉を並べた。

・合わせて読みたい→
セ・リーグにはいない…ソフトバンクを支える頼もしい「懐刀」とは(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reliable-pitcher-to-support-the-softbank/)


 69回を数える日本シリーズで捕手のMVPは6度しかない。

◆1962年 種茂雅之(東映) 打率.357、0本塁打、7打点
【土橋正幸投手とW受賞】

◆1967年 森昌彦(巨人) 打率.227、1本塁打、4打点

◆1997年 古田敦也(ヤクルト)打率.316、1本塁打、3打点

◆2001年 古田敦也(ヤクルト)打率.500、1本塁打、3打点

◆2009年 阿部慎之助(巨人)打率.304、2本塁打、5打点

◆2018年 甲斐拓也 打率.143、0本塁打、0打点

森は打率こそ低いが、1発に決勝打も放つ勝負強さを見せた。2度受賞の古田を筆頭に、阿部、種茂は自らのバットで貢献するとともに、リードでも投手陣を引っ張った。ところが甲斐の打率は1割台で、打点すらない。打撃ではほぼ役立たず男のMVPが、いかにレアケースかがわかる。

リード面でもシリーズ序盤は大量失点するなど苦労しただけに、広島に傾く流れを切り続けた「甲斐キャノン」のインパクトは絶大だった。「史上初」となる打てない捕手のMVP。強肩という誰にもマネできない一芸を武器に、大舞台で主役になった。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧