中村紀洋連載 高卒の選手が活躍するカギは「金属打ち」からの脱却

タグ: , 2018/9/24

 今年の夏の甲子園は第100回記念大会ということで大いに盛り上がりましたね。実際に試合を見て素晴らしいと思う選手も数多くいました。プロでドラフトの指名がかかる選手もいるでしょう。ただ高校野球とプロ野球は大きな違いがあります。高校野球でスーパースターと騒がれた選手がプロで全然活躍できず、引退してしまうケースも少なくありません。なぜかと考えたときに、「金属打ち」から脱却できないことが大きな要因として考えられます。


 ご存知の通り、高校野球は金属バットを使用します。芯を食わなくても飛距離が出るので、力任せにガンガン振ったら打球は飛んでいきます。プロ野球は違います。木のバットは芯を食わないと打球が飛ばないので、力だけでは対応できません。高校で本塁打を量産した選手がプロに入団してから打撃練習で内野の頭も越えずに試行錯誤する様子が、木のバットに対応する難しさを物語っていると思います。

 木のバットで重要なのは意識と感覚です。これは私個人の考えですが、上半身の力だけで反発力で打っている選手は苦労します。球を力強く叩くのではなく、バットをしならせて打つ感覚を重視した方が良いと思います。高校3年間は金属バットですが、その後の野球人生で活躍するためには、少しでも早く木のバットで振り続けて慣れることが大事です。

・合わせて読みたい→
中村紀洋 「僕はピッチング打法」 投球と打撃は深く結びついている(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/pitching-and-hitting-is-tied-deeply/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧