雄星、マ軍デビュー戦は東京D?大谷、ダル、田中、そして先輩・牧田との対決日程は?

タグ: , 2019/1/5

 西武からポスティングシステムでメジャー挑戦を目指した菊池雄星投手の移籍先は、シアトルに本拠を置くマリナーズに決まった。

 契約は3年目まで総額4300万ドル(約47億円)が保証される。4年目以降は球団、本人双方に延長権がある変則スタイル。3年目終了後に球団側が望めば、最長7年という長期契約になる。

・合わせて読みたい→
元対戦コーチが語る大谷翔平のポテンシャル(前編) 「メジャーで三冠王狙える」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-potential-01/)

デビュー戦は日本開幕戦@東京ドーム?対する「マネーボール軍団」は?


 注目の新天地デビュー戦だが、入団会見で菊池本人が英語で「そうなるといい」と願ったように、東京ドームで迎える3月20、21日の開幕シリーズが有力だ。マリナーズは来季、2012年以来7年ぶりの日本開幕戦を予定しており、アスレチックスと2連戦を行う。20日の開幕戦はエース格のフェリックス・ヘルナンデスに譲り、開幕2戦目となる21日の登板が地元メディアでも早くも噂されている。

 環境へ順応させるという点からも、このプランへ反対意見は少ないだろう。東京ドームは西武時代から何度か登板経験がある。昨年も6月8日の交流戦・巨人戦に先発。7回2安打無失点で開幕から無傷の7勝目を挙げた。しかも投げ合った相手先発は菅野智之。プロ2度目の投げ合いで初めて勝ち、喜びを爆発させていた。

 対戦するアスレチックスは昨年同地区のア・リーグ西地区2位(97勝65敗)で、プレーオフ進出(ワイルドカードゲームでヤンキースに敗退)を果たした強豪チーム。元GMで現在は上級副社長のビリー・ビーン氏が、低予算ながらあの手この手で浮上させてくるしぶとい個性派チームだ。

 主砲で主にDHに座るクリス・デービスは昨季48発で本塁打王。ここ3年連続で40本塁打以上と破壊力はメジャーでも屈指だ。
 中軸は若く分厚い。同29本塁打のマット・オルソン一塁手はまだ24歳。将来のスター候補に挙がり、昨季24本塁打のマット・チャプマン三塁手は25歳。右翼手で同27本塁打のスティーブン・ピスコッティは27歳と、みな昨年以上の飛躍が期待される金の卵だらけ。慣れて勝って知ったるマウンドとはいえ、狭い東京ドームでは簡単な相手ではない。

 マリナーズのユニホームに袖を通した菊池の勇姿が見たければ、まずこの開幕シリーズに懸けるのが一手だろう。一方でレギュラーシーズン開幕以降では、日本人大リーガー対決となる楽しみなカードも目白押しではある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧