【スネの筋肉編】筋ストレッチで身体の不協和音を解消!

タグ: , 2017/8/28

弱点も日々のケアで必ずハリが取れ血流が良くなる

8月28日発売号の「CoCoKARAnext」でも、ストレッチを紹介しています。
トップアスリート、モデル、タレント、著名人の治療を手がけ、国内外で活動している岩井隆彰さんに「筋ストレッチ」を教えていたいだきました。

実践するモデルは、世界選手権帰りのフェンシング日本代表・松山恭助選手。
出張帰りのビジネスマンに見立てトライしてもらいました。

フェンシングという競技の特性もあり、足のすねが張りやすい松山選手。
さらに上を目指すには弱点を日々ケアすることはとても重要で徐々に克服してゆけます。

背筋を伸ばして正座するような形で、伸ばすほうの足を下にして足の指を重ね、両手で膝を持ちます。できるだけ脚をお腹のほうに引き上げて、上体を後ろに引くような感じで1分間キープします。

このとき目線は斜め45°上を向く形になります。
筋肉の奥深くまで無理なく効果的に伸ばす「筋ストレッチ」は、続けると、奥の筋肉まで伸びるのでこわばりがほぐれ身体が柔らかくなります。

※特にウィークポイントとして気になる人も多い5箇所を動画でも紹介します。
8月28日(月)発売の「CoCoKARAnext」に、それぞれのストレッチの詳細が解説されていますので、併せてご覧ください。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。 〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

岩井隆彰(いわい・たかあき)

岩井隆彰

株式会社ジール代表取締役。
城山整骨院院長。
19歳でオリンピック選手のメディカルトレーナーとして従事。
整骨院で数多くの患者の治療を行いながら、トップアスリート、モデル、タレント、著名人の治療を手がけ、国内外で活動している。

松山恭助(まつやま・きょうすけ)

松山恭助

1996年生まれ。 4歳からフェンシングをはじめ、現在は早稲田大学スポーツ科学部に所属。
同大学フェンシング部で種目はフルーレ。
この取材の日も、ドイツの遠征から帰国したばかり。
ジェットラグが残りながらも笑顔で、積極的に質問をしていたのが印象的だった。先日の2017年夏ユニバーシアードで銀メダル獲得。

関連記事

「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    お風呂で太ももストレッチ

    2018.06.23 フットネス
  • フットネス

    お尻から背中のラインを整えよう

    2018.06.22 フットネス
  • フットネス

    何気ない動作を運動に!ふとした時にできること

    2018.06.21 フットネス

おすすめコラム

人気タグ一覧