年間3600㎞走破!侍ジャパン・武田翔太のRUN

タグ: , , 2017/7/22

ランニングが体と心を整える基礎工事

武田翔太

プロ野球・ソフトバンクホークスで活躍中で、2017年3月のWBCには日本代表として出場した武田翔太投手。
高卒1年目から12球団随一の選手層を誇るソフトバンクホークスで先発ローテーション入り。
その後、プロ入り2年目、3年目の2013年、2014年とケガで泣き、それがきっかけで栄養学やスポーツ科学の研究、勉強を始めた。結果、2015年は13勝、2016年は14勝を挙げ、侍ジャパンにも選出されるようになった。

その中でも、どんなトレーニングよりも「走る」と言う事がコンディションづくり、カラダづくりの基本と考える武田翔太選手。
本人にとって、走る事はトレーニングと言う側面の他に、”気分転換”、”ストレス発散”と言う側面もあるようだ。
そして、その気分転換が結果的に投手としてパフォーマンスを発揮するためのカラダづくりになっているようだ。

試合に先発登板して9回を完投した日も、試合後に10㎞程走り気分転換&クールダウン。試合後に球場から自宅まで走っていると、自転車に乗ったファンに追いかけられる事も。

全国書店で発売中の「CoCoKARAnext」でも連載している武田翔太が、ランニング、ジョギングについて語ってくれました。

武田翔太(たけだ・しょうた)

1993年4月3日、宮崎県宮崎市出身。
宮崎日大高校出身。2011年のドラフトで福岡ソフトバンクホークスから1位指名を受けて入団。
1年目から1軍の先発ローテーション入り。
高卒ルーキーの初登板初勝利という2年ぶり17人目の快挙を成し遂げるも、2013年と2014年は疲労や右肩の違和感で2軍降格、この時の経験から栄養学やスポーツ科学を研究。
年間3600kmのジョギング、栄養知識に基づいた自炊などに取り組む。2015年は13勝、2016年は14勝とチームの柱となり、2017年WBCにも出場。

公式ホームページ https://shotatakeda.com

「フィットネス」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧

ストレッチ (24) 鈴木尚広 (20) 元巨人 (22) 島田亨 (4) お酒 (9) 元楽天野球団 (9) 武田翔太 (6) 福岡ソフトバンクホークス (12) 怪我 (2) 動画 (33) ローカーボ (4) 食事法 (33) メンタルケア (12) 夏バテ防止 (5) 疲労回復 (3) 肌荒れ改善 (1) アトピー改善 (1) 松田宣浩 (6) 安眠 (2) むくみ改善 (2)