イライラと不安を解消 カキと百合根のグラタン~食で体を整える

タグ: 2017/10/18

ストレスに負けない、イライラや不安感を和らげる食材の組み合わせ

カキと百合根のグラタン

急に寒くなる日も出てきて、秋冬の食材が旬を迎え、温まる料理が恋しくそしておいしい季節になりました。味や栄養の面から大活躍の牡蠣、そして高級料理のイメージのゆり根を使い、不眠症対策、ストレスに負けない心身をつくるのに役立つレシピです。

■材料(2人前)

カキ 1パック

塩   少々

片栗粉 適量

百合根 1個

シュンギク  6本

タマネギ  1個

ヤマイモ  200g

バター  10g

豆乳  200ml

コンソメ 適量

とろけるチーズ  20g

■作り方

1. カキに塩と片栗粉にまぶしたあと、流水でよく洗う。

2. 百合根は1枚ずつばらし、シュンギクは5㎝幅に切る。タマネギは薄くスライスし、ヤマイモはすりおろす。

3. 鍋にバターを溶かし、タマネギを弱火で10分ほど炒める。

4. 3にカキを加えて中まで火を通し、さらに百合根と春菊も加えてさっと炒める。

5. 4に豆乳とコンソメを入れ、塩で味を整える。

6. グラタン用耐熱皿に5を入れ、上におろしたヤマイモをかけ、とろけるチーズをのせる。

7. 表面に軽く焼き目がつくまで、15分ほどオーブントースターで焼く。

【カキ】

 ・体を潤して血を補い、精神を落ち着かせる作用があります。

 ・そのためイライラや不安感、憂うつを解消する効果に優れ、ストレスを跳ね返す強い心身をつくる作用があります。

 ・「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価が高く、亜鉛、マグネシウム、銅などのミネラル分も豊富で慢性的な疲労や不眠などを緩和します。

 ・鉄分の含有量も多いので、貧血の解消にもおすすめ。

 ・肝機能を高める働きがあり、解毒を促すので、美肌効果もあります。

 ・タウリンも多く含み、高血圧の予防にも有効です。

※冷蔵庫で保存するが、痛みやすいので買ったその日に食べ切るのが基本。

※痔を一度患ったことがある人は、かきを食べると痔を誘発しやすいといわれているので、様子を見ながら食べましょう。

【百合根】

 ・ゆりねには肺や気管を潤し、不足している体液を養う働きがあります。咳止めやのどの渇きの改善に役立つ食材です。

 ・心の熱を鎮め、たかぶった神経を落ち着かせる作用があり、不眠や不安感、イライラなどを和らげるのに有効です。

 ・組み合わせて相乗効果で役立つレシピが多くある食材です。

 ※果物のカキ(柿)と一緒に食べるのは、悪い組み合わせ。どちらも体を冷やす食材のため、腹痛や下痢を起こす可能性があると言われています。

 ※ゆりねは涼性で体を冷やすので、胃腸の具合が悪かったり、下痢をしているときは控えめにしましょう。

「食で体を整える!」メニュー、レシピは、2017年6月28日発売の「CoCoKARAnext」創刊号(全国書店)に掲載。併せてご覧ください!

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

参考文献:『薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖』発行:西東社

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

「フード&ダイエット」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧