引退後の野球選手が食事で工夫した事 緒方耕一さん

タグ: , , 2017/8/30

1日2食、間隔は7時間 緒方耕一式食事法

緒方耕一さん

元プロ野球選手の緒方耕一さんが食事で気をつけている事は、1日2食にするということ。その間に7時間くらいあけるという事。

現役当時はとにかくいっぱい食べていた。そうしないと、どんどん痩せてしまったからだ。現役を引退して、すぐにTBSラジオの仕事が決まり、テレビの仕事も入ってきて、とにかく忙しかったそう。

「野球を毎日やっていたのがパタッとなくなったら、肥満や不整脈になる。3年くらい摂生すれば、大丈夫。」とお医者さんにお墨付きをもらう。メディアの仕事が自然と身体をキープしていた。

「ナイターが終わると家に着くのが22時くらいになり、その後何も食べずに寝て、朝4時起き、7時にテレビの仕事が終わってから、食事をすることが普通だったんです。あまりにも忙しかったので、食事の時間がまともに取れなかったおかげで、肥満にならなかったんですね。時間があり過ぎたら、きっと食べていたと思います。」

と笑った。こういった22時に寝て、早朝4時に起きるサイクルが3年間くらい続いたため、時間的な不摂生はあったが、食事は制限されていたことになる。

仕事がない日、仕事の日 それぞれの生活リズム

普段の生活では、休みの日であれば朝9時、10時に起きて、11時にブランチ。そして、夕方の17時か18時には晩酌をしながら、21時くらいにはお酒は飲み終えて、23時には就寝。

解説の仕事がある時は、朝10時くらいに起きて、コーヒー等を飲み、できるだけ遅めの13時、もしくは14時にランチをする。18時に試合開始なので、15時くらいには球場に行く。仕事が終わって家に着くのは22時過ぎ。そこから一時間くらいで食事とお酒を飲み、日が回る前にはすべて終えるようにする。

食べる量はいっさい決めておらず、美味しく食べられる分だけ食べる。前述のとおり、間に開ける時間だけは気をつけながら。食事の内容もほとんど決め事はなく、パン、ご飯、麺類、肉、魚、野菜など何でも食べる。

年のうちに数回行く外食では、焼肉、フレンチ、イタリアン、和食というときもあるが、選んでいいときは、居酒屋にするようにしている。肉も魚も野菜もバランスよく食べられるところがいいし、あんまりかしこまっていない雰囲気のところが好みなのだそう。

8月28日(月)発売の「CoCoKARAnext Vol.2」では、緒方耕一さんのお酒の飲み方で気を付けている事、食事で気を付けている事など、詳細記事が掲載されています。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

緒方耕一 (おがた・こういち)

1968年生まれ、熊本県熊本市出身。
読売ジャイアンツでプレーし、2度の盗塁王に輝く。
1998年に現役を引退し、その後は野球解説者として活躍中。

おすすめコラム

人気タグ一覧

ストレッチ (24) 鈴木尚広 (20) 元巨人 (22) 島田亨 (4) お酒 (9) 元楽天野球団 (9) 武田翔太 (6) 福岡ソフトバンクホークス (10) 怪我 (2) 動画 (31) ローカーボ (4) 食事法 (30) メンタルケア (12) 夏バテ防止 (5) 疲労回復 (3) 肌荒れ改善 (1) アトピー改善 (1) 松田宣浩 (4) 安眠 (2) むくみ改善 (2)
  • 白寿生科学研究所