こってり中華でもこれなら安心!栄養士厳選太りにくいメニュー4選

タグ: , , 2018/12/30

 中華料理は炒め物や揚げ物など高カロリーなメニューが多いのが特徴。おいしいのでついつい食べ過ぎてしまいがちです。お酒が入れば箸もすすんで、あっという間にカロリーオーバーなんてことも・・。今回はダイエット中でもおすすめの中華料理おつまみをご紹介します!

・合わせて読みたい→
教えて、ライザップさん!!好きなモノを食べた後、どう調整すればいいの?(https://cocokara-next.com/food_and_diet/teach-rizap-3-st/)

ダイエット中におすすめ中華料理おつまみ


1.海鮮と野菜の炒め物(約150kcal)
 魚介類と野菜をたっぷり使った炒め物は、肉を使った炒め物に比べカロリーは約半分。タコ・イカ・ホタテなどの魚介類に含まれるタウリンが肝臓の働きを良くしてくれるので、お酒のおつまみにもぴったりなメニューです。野菜のあんかけや炒め物でもカロリーはグッと抑えられます。

2.クラゲの酢の物(約50kcal)
 中華料理でよく使われるクラゲは95%が水分なのでとってもヘルシーな食材です。
酢の物に一緒に使われるきゅうりやもやしなどの食材もカロリーが低く、歯ごたえがあるので満腹感アップにつながり食べ過ぎ防止にもなります。栄養分は少ないですが、口寂しくなった時や食べ始めのおつまみに選ぶと良いでしょう。

3.バンバンジー(250~300kcal)
 棒棒鶏(バンバンジー)は鶏肉を茹でて調理するので、油をたっぷり使うことが多い中華の肉料理の中でヘルシーなメニューと言えます。

 鶏肉はカロリーが低い上に良質タンパク質が豊富なのでダイエット中にピッタリ。疲労回復効果があるといわるアミノ酸の一種イミダペプチド(※)やエネルギー代謝をサポートするナイアシン・パントテン酸も豊富に含まれています。鶏皮やタレはカロリーが高いので、タレのかけ過ぎに注意して皮を除いて食べるとさらにカロリーを抑えることができるのでおすすめですよ♪

4.青菜のクリーム煮(約150kcal)
 チンゲン菜はビタミン・ミネラルが豊富なので、免疫力をアップして風邪などを予防してくれます。また、水分を保持し、便のかさを増やして、排便を促してくれる働きのある不溶性食物繊維が多く含まれるので、便秘解消に役立ちます。

 さらに牛乳は腹持ちがよく、精神を安定させストレスを和らげる働きがあるセロトニンの材料トリプトファンが多く含まれているのでおすすめです。

 仕事でお疲れのときの飲み会にももってこいのメニューです。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧