肌荒れやむくみ、便秘などの悩みを解決してくれる食材は?

タグ: , , , 2018/10/27

 
 秋と言えば、「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」と言われていますが、やっぱり「食欲の秋」ですね。秋は旬の食材が豊富で、美味しいものがたくさんあります。

今回は、秋の味覚「きのこ」と「さんま」を紹介します。

・合わせて読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/)

◆きのこ類


 食物繊維、ビタミンD、ビタミンB類、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ低カロリー食品です。

肌荒れには「まいたけ」、便秘やむくみには「エリンギ」、疲労回復には「えのきだけ」、二日酔いには「ぶなしめじ」、老化予防には「しいたけ」、食欲増進には「まつたけ」が効くなどと言われています。

1. 食物繊維が豊富
食物繊維を多く含む為、便通の改善と体内の有害物質を絡め取り、体外に排出する効果が期待できます。

2. コレステロールの低下
エリタデニンという成分がコレステロール値を下げ、血圧を下げる働きがあると言われています。また、抗酸化作用もあるので、生活習慣病の予防に適した食材だと言えます。

3. 天日干しでビタミンDがアップ
カルシウムの吸収を促進して、骨や歯を丈夫にする効果が期待されるビタミンDは、太陽光に当てて乾燥した「干ししいたけ」や「乾燥きくらげ」などに多く含まれます。

4. ミネラルも豊富
カリウム、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などがバランスよく含まれています。体の調子を整えるために大切な栄養素でありながら体内で作ることができない為、積極的に摂取したい栄養素です。

5. 低カロリー
栄養豊富な低カロリー食品なので、ダイエットの味方として知られています。

6. ビタミンたっぷり
ストレスが原因で起こる肌荒れを予防・改善する働きもあります。

この時期は新米も出回るようになりますので、きのこを使った炊き込みご飯を紹介します。

■きのこの炊き込みご飯

【材料】2人分
◆米 1.5カップ
◆昆布 3cm角1 枚
◆にんじん 30g
◆まいたけ お好みで
◆エリンギ お好みで

【調味料】2人分
◆しょうゆ 大さじ1
◆酒 大さじ1/2
◆みりん 小さじ1
◆塩 小さじ1/3

【作り方】
1. にんじんは皮をむき、太めの細切りにします。
2. まいたけ、エリンギはお好きな大きさに裂きます。
3. 米は洗米し、調味料を加えて、お水を炊飯器の目盛1.5 まで入れ、よく混ぜ合わせてから、具材と昆布をのせ、炊き上げます。
4. 炊き上がったら、昆布を取り出し、全体をかき混ぜ、器に盛り付け完成です。

炊き込みご飯のおかずにさんまはいかがですか。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧