意外と知らない むくみの原因・対処法

タグ: , 2018/12/20

日常生活で何かと悩みが多いむくみについての第1弾

日本人のお仕事柄、デスクワークや立ち仕事が多く同一姿勢が長いことや、現代社会で中々時間を作れず運動不足になり筋ポンプの作用がうまく機能しない、冷えや血行不良、心臓・腎臓疾患などからの病気の影響、偏った食生活による栄養摂取、塩分の過剰摂取などで、身近に起こりやすい症状がむくみなのです。

むくみといっても甘くみないでください!!

なぜなら、むくみには「病気からくるむくみ」もあるのです。通常、翌日になると解消する「生理的なむくみ」が多いのですが、病気からくるむくみもあるので、その場合は直ちに医療機関への受診をすることが大切です。

そういった中で皆様は、自分に合ったむくみの原因を見つけられていますか?様々な原因がある中で、自分に合った対処法が見つからなければ、効果も半減してしまいます。まずは、生理的なむくみの原因と対処を知りましょう。

今回は、意外と知られていない栄養不足からくる、むくみの原因と対処法を紹介します。

・合わせて読みたい→
老化・肥満はカラダの酸化が原因!抗酸化物質を多く含む食べ物(https://cocokara-next.com/food_and_diet/including-many-antioxidant-food/)

栄養不足からくる原因


 むくみを起こす原因の一つに、栄養素の不足があります。具体的には、たんぱく質とビタミンB1の不足です。

【たんぱく質】
たんぱく質の中に含まれている「アルブミン」は血液中にも豊富に含まれています。

アルブミンは、

・動脈中では、体の中の細胞に栄養の運搬
・静脈中では、体の中の老廃物や余分な水分を回収
・血中の浸透圧の調整

という役割を果たします。そのため、たんぱく質(アルブミン)の不足や働きが停止することで、静脈中の老廃物や余分な水分が排泄できずに、むくみとなります。

また、自律神経が血中のたんぱく質濃度を一定に保とうとするので、たんぱく質が不足すると不足した濃度に調整してしまい、血液中の水分を血管外へ排出します。その結果、むくみになります。

【ビタミンB₁】
ビタミンB₁は、主に糖をエネルギー代謝してくれる成分です。たんぱく質合成とも関係があり、不足すると血中のたんぱく質が合成されず、たんぱく質の不足になりむくみとなります。

また、ビタミンB₁は水に溶けやすい性質のため、汗や尿と一緒に体外に排出されてしまいます。さらに、糖を代謝するときにも働くため、糖分の多量摂取でも不足します。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧