「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」常設化構想も バーチャル技術を組み合わせた視聴、体験施設が人気呼ぶ

タグ: , 2018/4/25


 NTTドコモが3月6日から3週間の期間限定で東京・渋谷にオープンした「DAZN for docomo」の体験施設「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」が大盛況で幕を閉じたことから、常設化構想も検討されそうだ。

 「DAZN for docomo SPORTS LOUNGE」は、スポーツ中継配信サービス・DAZN for docomoとドコモやNTTグループが提供する技術を融合した最新技術でスポーツの楽しさを様々な角度から体験できることを可能にした。壁一面に大小合計37枚のディスプレイパネルが設置されたシアターでは野球、サッカー、バスケットなどDAZN for docomoの豊富なコンテンツを一度に見られるようになっている。フード、アルコール、ソフトドリンクも販売され、体験施設のオープン期間中はスポーツ映像を楽しむ来場客でにぎわった。

 さらに、「VR(バーチャルリアリティー)ヘッドセット」を使用したアトラクションも用意されていた。ボクシング元世界3階級王者・八重樫東とリングの中で対戦できる自由視点VRはリングでボクシングをしている錯覚に陥るほどの臨場感。プロ野球のバッティングトレーニングが体験できるVRでは打席に立つと元中日・川上憲伸氏の145キロを超えるカットボールを体感できるなど迫力満点だ。サッカーも未来のスタジアム観戦スタイルとして、座席の傍らにあるマイクに選手の背番号を話しかけると、透過ディスプレイに映像や成績が表示されるスマートスタジアムも体験できるなど、スポーツの未来を垣間見ることができた。

 体験施設の開催期間中だった3月18日に「DAZN for docomo」のユーザーは100万人を突破。来場客からも「バーチャル技術を体験できる機会をもっと増やしてほしい」「スポーツ観戦の時の迫力が凄い」と好評の声が多かったことから、常設化構想も期待される。バーチャル技術やVRを組み合わせた視聴や体験は、次世代移動通信「5G」が本格化するとさらに提供しやすくなる。NTTドコモは20年の東京五輪に向けてサービスを拡充する方針で今後の動向が注目される。


■編集部からのお知らせ
3月7日に発売の雑誌「CoCoKARAnext」では読売ジャイアンツ・菅野智之投手のインタビューの他、プロ野球選手に学ぶ仕事術などストレスフルな時期を乗り越える情報を掲載。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

関連記事

「ライフスタイル」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧