二日酔い解消に!すべきことと絶対してはいけないこと

タグ: , , 2018/12/26

 二日酔いのつらい症状は、肝臓でお酒を処理しきれない・胃腸の疲れ・脱水などのいくつかの要因で起こります。二日酔いの症状を和らげるには、肝臓や胃腸をいたわり、水分や必要な栄養素を補うことが大切です。

・合わせて読みたい→
タイプ別「スマホ老眼」の対処法!(https://cocokara-next.com/stress/approach-smartphone-presbyopia/)

二日酔いを緩和する方法3つ


1.水分を補給する
 飲んだ翌朝は、のどの渇きを感じることが多いはず。通常でも睡眠中には水分を失いますが、お酒を飲んだ日はアルコールの分解に大量の水分が使われるため、カラダが脱水状態になっています。

 目が覚めたら、まずは水分を補給しましょう。常温からぬるま湯程度の温度の水を飲むようにすると吸収が良くなります。このとき、スポーツドリンクを飲むと、アルコールの分解に必要な糖分も補えます。

2.消化の良いものを食べる
 お酒をたくさん飲むと、吐き気や腹痛などの症状が起こることがあります。これは、胃酸から胃の粘膜を守るバリア機能が壊れて胃がただれたり、腸の働きが低下したりして、消化吸収がうまく行われなくなることが原因です。そんなときは、繊維質が少なく、刺激の少ないものを食べて、胃腸の負担を軽くしてあげましょう。
〈おすすめメニュー〉おかゆ・うどん・にゅうめんなど

3.胃の働きを助ける栄養素や酵素をとる
■タンパク質
 タンパク質は、胃の粘膜の修復や、消化酵素をつくりだすのに不可欠な栄養素です。特に、脂質の少ないものを選ぶことで胃腸の消化の負担を減らします。
〈おすすめ食材〉豆腐・白身魚・ささみなど

■ビタミンU
 ビタミンUは、胃粘膜の修復を助けます。胃酸の分泌を調整する作用もあり、アルコールで荒れた胃の調子を整えます。
〈おすすめ食材〉キャベツ・ブロッコリー・アスパラガスなど

■消化酵素
 消化酵素とは、食べ物を吸収しやすいかたちに分解する手助けをするものを指します。特に大根やかぶに含まれている消化酵素ジアスターゼは、胃の働きを助ける効果が期待できます。(※)これらの消化酵素は熱に弱い性質があるので、サラダや漬物、すりおろしなど、できるだけ生で食べるようにしましょう。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧