close

ワンタッチ水筒の賢い選び方

タグ: , 2018/9/9

 今では学校でも会社でも、ワンタッチ水筒で飲料を持ち歩く方が非常に多くなってきました。デザインや性能などそれぞれ種類も多く、選ぶ際も目移りしてしまいますね。

 お気に入りのものに出会えるよう、ワンタッチ水筒を選ぶときに知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

保冷専用か、保温も可能か

 最近の保温・保冷水筒は、本体が真空の構造になっていて断熱するタイプがほとんどです。

 保冷はほとんどが6時間保冷した状態で8~9℃をキープでき、保温は6時間保温後63~73℃をキープできるようです。この保温の温度に開きがあるのは内容量に比例していて、熱いもの(メーカーによれば95℃が条件のようです)をたくさん入れた方が比較的温度も高いままキープできるようです。

キャップの構造


 ワンタッチ水筒には筒状の細いタイプと飲み口が広いタイプに分かれます。

 飲み口が筒状のタイプはキャップと飲み口が一体型で、ゴムパッキンは蓋の部分と本体へ取り付ける部分の2種類があります。(筒状のタイプでも中には一体型でないものもあります)

 お手入れは比較的ラクなのですが、飲み口の構造上熱いものは使用できないというデメリットもあります。筒状の構造であるため、口に入れるとき放熱があまりされず、そのまま飲むとやけどをしてしまうおそれがあるようです。

 一方飲み口の広いタイプはキャップと飲み口が取り外せる構造になっています。細かく分解してお手入れができる分、手間はかかってしまいます。部品が多いためゴムパッキンも3種類と少し多め。こちらは保冷専用と保温も可能なタイプがあります。

・合わせて読みたい→
股関節を伸ばして立ち姿スッキリ(http://cocokara-next.com/fitness/extend-the-hip-joint/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【リピート多し!】①Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧