懐かしいだけじゃない!今、銭湯がアツい!

タグ: , 2018/11/5

 
 みなさんは銭湯に行ったことはありますか?

最近ではスーパー銭湯や温泉などが多く見受けられるようになりましたが、このところ昔ながらの「銭湯」に人気が再燃しているようです。

銭湯のなにが多くの人を惹きつけるのでしょうか。

・合わせて読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ(https://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/)

情緒漂うレトロな雰囲気


 みなさんは銭湯と温泉との違いをご存じでしょうか。同じ公共浴場ですが、ここには明確な違いがあります。

実は、環境省が定める「温泉法」という法律が存在します。温泉と呼ぶにはこの温泉法に定められた19の指定成分のうち最低ひとつを含んでいる必要があります。また、源泉が摂氏25度以上とも定められています。

つまり銭湯は温泉成分が含まれない、人工的にお湯を沸かして入るお風呂のことを指します。

温泉成分は含まれませんが、銭湯がもつ温泉にはない魅力がたくさんあります。

銭湯と聞いてよく思い浮かばれるのが、浴室の壁面に描かれた大きな富士山ではないでしょうか。この銭湯の壁画を担う絵師は減少の一途をたどり、今では国内に3人しかいないと言われています。銭湯に入る際は、大きなペンキ画をゆっくりと鑑賞してみてください。

また、風呂桶や番頭台、入り口の暖簾(のれん)は銭湯ならではの懐かしい光景です。ノスタルジックな気分に浸りたいときは、是非銭湯をおすすめします。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧