摂りすぎ注意!塩分の適量と働きについて

タグ: , , 2018/10/3

 先日友人たちと外食をし、次の日顔がむくんでしまいました、、、

皆さんにもそんな経験ありますでしょうか?

やはり外食は塩分が多いのかなと思い、塩分について調べてみました!!

塩の働き


 塩は、ナトリウムと塩素の化合物です。

体内では「ナトリウム」が必須ミネラルとしてさまざまな働きをしています。

ナトリウムの働きはおもに4つあります。

1.体内の塩分濃度を調整する
体内の塩分濃度は約0.85%に保たれています。身体の塩分濃度の調節には、ナトリウムとカリウムが関わっています。

細胞内にはカリウムが、細胞外にはナトリウムが多く存在しています。

細胞内の塩分濃度が高くなると、細胞外にあるカリウムと交換でナトリウムを排出し、濃度を一定に保ちます。

また細胞外の塩分濃度が高くなると、ナトリウムは骨に吸収され、反対に塩分濃度が低くなると骨中のナトリウムが放出されます。

このようにして、身体の塩分濃度は一定に保たれているのです。

2.酸・アルカリのバランスを調整する
ヒトの体液は弱アルカリ性に保たれています。

たとえば、激しい運動をして乳酸が産生・蓄積されたときや飢餓状態になったとき、一時的に血液に酸性物質が多くなります。

このようなとき、ナトリウムによって中和、調整されて、弱アルカリ性を保っています。

3.神経伝達や筋肉の収縮・弛緩を助ける
神経系で行われる情報の伝達や筋肉の収縮・弛緩の指令は、電気信号によって伝えられます。

この電気信号は、細胞内のカリウムと細胞外のナトリウムが入れ替わることで発生しています。

4.栄養素の吸収を助ける
糖質の分解物であるグルコースやたんぱく質の分解物であるアミノ酸、カルシウムなど、ほかの栄養素の吸収を助けます。

上記から、塩分から摂取するナトリウムは身体にとって必要不可欠であることがわかりますね。

・合わせて読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ(http://cocokara-next.com/lifestyle/disease-of-the-gynecological/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧