錦織なぜ勝てない 「決勝の呪縛」9連敗と日本人のメンタリティー

タグ: , , 2018/10/30

 長い長い泥沼のトンネルにハマってしまった。

 男子テニス世界ランク11位の錦織圭(28)がまたも「決勝の壁」にはね返された。10月28日、エルステバンク・オープン(オーストリア)決勝で、世界8位のアンダーソン(32=南アフリカ)に3-6、6-7のストレートで敗れた。2016年2月のメンフィスオープン優勝以来となるツアー通算12勝目はならず、決勝では9連敗となった。

錦織圭 Getty Images

・合わせて読みたい→
錦織圭、大坂なおみの意外な共通点とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/keinishikori-osakanaomi-unexpected-in-common/)


 「勝負は紙一重だった。100%は出したつもり。相手のプレーがとても良かった」と錦織。アンダーソンには対戦成績で4勝2敗と勝ち越していたが、相手のビッグサーブに苦しみ、得意の打ち合いに持ち込もうとしたが、要所のミスも響いて力尽きた。

 今大会の錦織は絶好調だった。準々決勝で世界7位のティエムにストレート勝ち。「今週は特にすごくいいテニスができた。この1年で一番いい試合がいくつかあった」。昨年8月に右手首を故障し、復帰したのが今年の1月。世界ランクも自己最高4位から39位まで落ちたが、右肩上がりに復調して迎えた今季3度目の決勝。「今度こそ」の思いは強かったはずだが、なぜか勝ちきれない。

 決勝9連敗の内訳はランク上のナダルとジョコビッチに敗れたのが2回ずつで計4回。それ以外がチリッチ、ディミトロフ、ドルゴポロフ、メドベージェフ、そして今回のアンダーソン。ランク上位の「ビッグネーム」に負けるのは仕方ないにしても、下位相手の取りこぼしも目立つ。傾向として、準決勝までは伸び伸びとプレーして格上も撃破しながら、決勝では、要所で集中力が切れ、守りに入るなど、らしくないプレーも散見される。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧