両ひざ血だらけ、逆走…それでも届けたい「タスキの重み」

タグ: , 2018/10/23

 駅伝は、日本生まれのスポーツ。

いつも計算通りにいくとは限らず、そこから生まれる筋書きのない人間ドラマが見る者を魅了する。

・合わせて読みたい→
ガリガリの体型で長距離マラソンは危険 病気にかかりやすいリスクとは(https://cocokara-next.com/lifestyle/kazuhiroakiyama-serialization-03/)

「タスキの重み」が招いた今回の悲劇


 思わぬ不調やブレーキがあれば、大きく順位が変動する。選手にかかる責任感は、個人競技の比にならない。企業、チームメート、監督スタッフ、家族らさまざまな人に支えられて、レースに出させてもらっている思いが強い。関わった人すべての思いを背負い、つないでいく「タスキの重み」が、今回の悲劇的なアクシデントを招いた。

 10月21日、福岡で開催された全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝」で、岩谷産業の第2区・飯田怜選手(19)が残り約200メートルで走ることができなくなり、四つんばいになってタスキを渡した。赤ちゃんが「ハイハイ」するようにアスファルトの道路をはって進み、ずるむけた両ひざは血だらけに。その様子がTBS系で生中継され、ネットでも拡散して大きな話題となっている。

 飯田はレース後に診察を受け、右すねの骨折で全治3~4カ月と診断された。入院し、しばらくは静養するという。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧