close

野球バカは、企業の戦力になる!!

タグ: , , , 2017/12/18

野球部の就職支援に取組む(株)R ・Sが、日本プロ野球から始まりメジャーリーグを経て、現BC・福島ホープスで監督兼球団代表の岩村明憲さんと対談し、野球部出身人材の企業の戦力としての活躍の秘訣やポテンシャルを語りました。

野球経験者の強みとは?

江添  彼ら二人は甲子園球児です。

岩村  僕は甲子園に行ってないけど、野球人として甲子園というのはすごく特別な存在で憧れます。プロで阪神戦で甲子園で戦うのとはまったく違うんです。

法嶋  そういうものなんですね。

岩村  僕は日米で計21年間プロをやってきましたが、そんな僕でも甲子園に行きたかったなという思いが今でもあります。甲子園には並大抵の努力では行けません。それはものすごく大事なキャリア。それを誇りにして社会人生活をやってほしい。また、仮に甲子園に出られなかったとしても、そこを目指してやった事は大きな自信になると思います。勝利の秘訣は限界を決めないこと!

勝利の秘訣は限界を決めないこと!

太田  岩村さんはNPBやMLBでどんな事を意識してやってこられたのかがすごく気になります。もしかしたら私たちの事業ともイコールな部分があるんじゃないかと思いまして。

岩村  僕が意識していたことは自分の限界を決めず、キャリアハイをどんどん目指していくという事でした。僕は今独立リーグの監督ですが、選手のためにならないので最初から天井を決めて妥協するような指導の仕方はしていません。ここがゴールっていうのは絶対決めない。そういう部分は多分いろんな仕事にも通じると思いますね。数字で結果がわかりやすいのは営業職だと思うのですがとにかく限界を決めないことです。

江添  滅茶苦茶通じますね。

野球ブーの就職支援について

岩村  (株)R ・Sさんはどうして野球経験者の就職支援を始めたのですか?

江添  今ここにいる彼ら二人のような野球部出身者を見てきて、野球をやってきた人たちは常に厳しい練習に耐え、悔しい思いしてきたからか、他の学生よりワンランク上のポテンシャルを持ってるように感じたのです。そこから野球部出身者の就職支援に特化した事業を始めようと思いついた事がきっかけです。

岩村  確かに野球をやってきた人間はそういう強みがあると思います。僕が今一番若い子たちに期待するのが忍耐や我慢という事なのですが、野球人には共通してそうしたものが備わっているかと思います。僕自身も下積みがありました。最初の2年間は1週間だけ一軍に上がりましたけど、それ以外ずっと二軍でした。僕のバッティングの師匠でもある中西太さんから頂いた、何事にも苦しむことが礎となるという「何苦楚」という言葉をモットーに毎日下積みしてました。

江添  それから、いろんなタイプの学生を支援したいです。

岩村  例えば僕の中では、孤独に戦うピッチャーはマイペースなので営業に向いていると言えます。営業はマイペースにやっていかないと絶対無理だと思うから。あと、キャッチャーは女房役と例えられるリーダー的存在、ショートは花形、とポジションによっても個性や特徴が違います。みんな大事です。企業もいろんな人材が欲しいでしょう。

江添  世の中ではミスマッチにより、大学卒業後に就職して3年以内に約33%の人が辞めているという現実がありますが、僕たちは野球カテゴリーに特化した企業と学生のマッチング事業によってそれを少しでも変えていきたいと考えています。

岩村  学生と企業にとってのお互いのミスマッチが最初からなくなり、いろんなところで活躍できることが一番ですね。

■ 編集部からのお知らせ
 12月7日に販売される雑誌「CoCoKARAnext」では《日常のなかで気軽にできる最強の運動【歩く】の5W1H》を特集する他、現WBO世界王者の井上尚弥、高木豊と3人のJリーガー息子の「高木家の人材育成論」等、アスリートと一流仕事人に学ぶ情報が満載。今号はプレゼント企画も実施中です。

健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

岩村明憲(いわむら・あきのり)さん

1979年2月9日、愛媛県宇和島市出身。
1996年ヤクルトスワローズ入団。2001年日本一に大きく貢献。2006年タンパベイ・デビルレイズへ移籍。翌2008年ワールドシリーズ進出。WBCは2006、2009年連続で選ばれ連覇。
2011年から日本に復帰。2015年福島ホープスの選手兼任監督に就任、2017年に引退し、現在は球団代表兼監督。野球ブー応援団長。

株式会社R・S( R・S Co.,Ltd.)

【野球ブー】
とにかく野球だけをしてきた 全ての野球児に最高の就活をサポート。
初めての会社選びで何をどうしたらいいかわからない、そんな悩みを解決するマッチングコミュニティ。
(参加条件)
● 大学まで野球だけをしてきた。
● これからも野球で培った事を活かしたい。
● 今まで野球だけをしてきた野球バカだ。
● 現在の部活動を就職活動で疎かにしたくない。
★1つでも当てはまればO.K.!!
コミュニティーに参加できていなくても友達の紹介で飛び込み参加大歓迎!!
野球が大好きな企業様が集まります!!

〔大阪本社〕
〒530 – 0005
大阪府大阪市北区中之島2-2 – 2 大阪中之島ビル10階
TEL:06- 6223 – 5777
FAX:06- 6223 – 5666