close

コーヒー、カツオ、キレイ…外国で使うと卑猥な意味になる日本語とは

タグ: , 2018/8/20


 日本人が日常で使う言葉も、同じ発音なのに外国では全く違う意味の卑猥な言語に解釈されてしまうケースがある。善意で伝えた言葉が先方を不快にさせてしまうと信頼関係が崩れてしまう。以下は海外では使わない方が良い単語の代表例だ。

・コーヒー
日本ではおなじみの飲み物だが、タイで使うと危険だ。タイ語で「コー」は「ください」、ヒーは「女性の性器」を意味する。つまりコーヒーは「女性器が欲しい=やらせろ」というニュアンスになってしまう。

・合わせて読みたい→
日本人男性が異常にモテる意外な国とは 顔のコンプレックスが大きな魅力に(http://cocokara-next.com/motivation/witch-country-japanese-men-be-popular/)

「ストレス」新着記事

  • ストレス

    ストレスに打ち勝つ食事と栄養

    2018.09.26 ストレス
  • ストレス

    日村淫行報道 世論の声は「謝る必要ない」、「謹慎すべき」と真っ二つ

    2018.09.25 ストレス
  • ストレス

    疲れて見える顔の原因

    2018.09.23 ストレス

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【リピート多し!】①Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧