close

日本人が驚く 中国人に絶対にしてはいけないジェスチャーとは

タグ: , 2018/8/6

 
 同じジェスチャーでも日本と海外ではまったく意味が違う場合がある。中国人に絶対にしてはいけないのは小指だけを立てる仕草だ。

 日本では彼女や妻、愛人を指すほか、小指から赤い糸が出ていて最愛の人とつながっている、最愛の人がいなければ必ず誰かと惹かれあう運命にあるという言い伝えがある。だが、中国は違う。差別的な表現で相手が激怒することもある。

・合わせて読みたい→
中国人に絶対に贈ってはいけないプレゼントとは(http://cocokara-next.com/lifestyle/gifts-do-not-send-it-to-absolutely-china/)


  
 なぜ怒るのか。中国では親指が「大人(たいじん、立派な人)、親分」を表すのに対し、小指は「小者、チンピラ、悪い人間、役立たず、出来損ない」を意味する。小指だけを立てることは「あなたは無能者です」と伝えることになるという。

 例えば、中国に旅行した際に日本人が現地のガイドに小指を立てて「妻も一緒にいます」というジェスチャーをしても相手の受け取り方は違う。「おまえは役立たず」というメッセージになり、不快な思いをさせることになるのだ。

 日本では深い意味はなくても中国人が驚く仕草がある。

 店員が客と同じ目線にひざまずく姿勢だ。

 
 注文を取る居酒屋の店員や飛行機内で客室乗務員が利用客にサービスをする時に見る日常的な光景だが、中国ではこの姿勢が感謝や謝罪を表す深い礼になるという。

 この仕草をされた時に中国人が驚いて「立ってください」と言うのは怒っているのではなく、恐縮しているのだ。

 「お辞儀」も同様に中国では深い感謝やお詫びを表すものとして使う。日本のように単なる挨拶で使うことはない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧