ストレスが咳を起こすメカニズム

タグ: , 2018/8/7

 
 緊張すると咳きこんでしまう、なかなか咳が取れなくて辛い、そんな経験ありませんか?そんな咳の原因の一つとして、ストレスが挙げられます。その咳によるストレスを解消することで楽になることもある一方、咳を放置してさらに深刻な病気にかかることもあるんです。そこで、咳とストレスの関係と、咳への対策についてご紹介します。

・合わせて読みたい→
人間関係だけではない 意外に気づかないストレス要因とは(http://cocokara-next.com/stress/stress-factors-unaware/)

ストレスが咳を起こすメカニズム


  
 そもそも何故ストレスが咳を引き起こすのでしょうか?咳とは、肺への空気の通り道である気道に痰などの分泌物が溜まったり、ホコリやゴミなどの異物が入ったりしたときに、それらの分泌物や異物を身体の外に出そうとする働きのことです。気道の表面の粘膜にあるセンサーが分泌物や異物を感知すると、その刺激が脳に届きます。脳は、横隔膜や肋間膜などの呼吸をつかさどる筋肉を動かす指令を出して、咳がでるわけです。

 このように、咳自体は、正常な呼吸を保つために不可欠な身体の働きです。気道に分泌物や異物があるときは、咳が出なくてはむしろ困るわけですが、ストレスを感じると、必ずしもそうではないときにも咳が出たり、咳の症状が続いたりしてしまいます。

 ストレスを強く感じた際にまず活発になるのが交感神経です。交感神経が活発になると、血管や気道が広がり、脈拍が早くなります。そしてこの働きを抑えるのが副交感神経であり、通常は、その働きによって身体は正常な働きを取り戻します。

 しかし、ストレスを延々と感じ続けている状態では、自律神経、つまり交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れ、副交感神経が優位になり過ぎてしまうことがあります。その場合、気道は平常よりも収縮して狭くなってしまい、平常ならば問題ない分泌物や異物にも反応し、咳の症状がでてしまうのです。

ストレス以外の病気の危険も!長引く咳の症状の傾向

 
 咳は、気道の分泌物や異物を排出するために必要な身体の機能ですが、ストレスを受け続けていると、自律神経の働きのバランスが崩れ、平常では問題ないときにも咳が出ることがあります。

 もし、長引く咳の症状が出た際には、ストレスだけではなく、アレルギーや感染症など、様々な原因が考えられます。

 生活習慣の見直しをはじめとしたストレス対策を取りつつ、症状を放置せず、専門医に相談するといいでしょう。

[文:ストレススキャン編集部]

「スマホで簡単にストレスをチェックできるアプリ-【ストレススキャン】-(https://stress-scan.com/)」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

関連記事

「ストレス」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧