リアル・スラムダンク 意図的ファウルへの気持ちの対処方

タグ: , 2017/9/15

自分を客観視 熱くならない、感情を抑える

金丸晃輔さん

日本屈指のシューター、シーホース三河の金丸晃輔(28歳)は冷静さを失わないプレースタイルが強みだ。真骨頂を見せたのが、昨シーズンのプレーオフ・セミファイナル栃木戦。敵地での容赦ないブーイングに集中をそがれ、プレーに支障が出る選手が続出するなか、金丸は淡々とシュートを重ねた。タフなメンタルを発揮し、敗れてなお存在価値を示した試合でもあった。

「(気持ちが)熱くなることもあるんですけど、熱くなってプレーに出してしまうというのは自分自身良くないこと。強引になったりするし、僕の中で熱くなったら負けです。熱くなるのは相手がファウル覚悟でやってきて、それに対してファウルにならなかったりした時。その感情をどうやって抑えるか。押し殺すしかない。冷静にプレーして、シュートを決め返して、やっと落ち着くという感じです」

自分のベストコンディションを知る

金丸晃輔さん

自分を客観視し、気持ちを落ち着かせる方法を知っている。心と連動する体のケアも怠らない。

「週に2回、近所で行きつけの〝たいち接骨院(愛知・刈谷市)〟でケアをしてもらっています。
たまたまケガをした時に訪ねたんですけど、ありがたいことに、先生が僕の試合を見に来てくれて、実際に動きを見て、気付いたところを調整してくれるんです。
たとえばシュートを打つ時の体の軸がバラバラだから、ボディバランスを整えるとか。フェードアウェー(後ろにジャンプして下がって打つシュート)の時、いつもと体の反り具合が違うから背中をやろうとか。本当に助かっています」

偶然にも〝パーソナルトレーナー〟といえる存在に出会えたことで、よりコンスタントに結果を残せるようになった。さらに指先、体重にも気を配る。

「ツメの手入れに、ネイルサロンにいったこともあります。
でも、硬くかたくなりすぎるんですよ。ネイルをつけてると、シュートタッチのときに鈍い音がする。
ネイルをつけていないときはシャリって音がします。
体重は恥ずかしい話、88㌔を上回るとシュートを打つ時に重たいと感じるんです。体が揺れる。
体重が増えたときは野菜中心にするとか、練習で走って落とします。
試合前の食事は3時間前、カレーとか食べますね。米を食わないと腹持ちが悪いんです。
試合前にはバナナ。終わった後もすぐエネルギーを補給しないと体が回復しないので、サプリメントを摂取します。
試合が終われば、また次の試合にコンディションを整えられるよう準備します」

 

続きは、8月28日発売の「CoCoKARAnext」で!

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

金丸晃輔(かなまる・こうすけ)さん

1989年3月8日、福岡県出身。

小学5年からバスケを始める。福岡大大濠‐明大。11年にJBL(日本バスケットボールリーグ)パナソニックに入団し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。チームが休部となり、13年からアイシンシーホース三河(現シーホース三河)へ移籍。これまで得点部門などで獲得タイトル多数。日本代表としても活躍。ポジションは主にフォワード。身長192㎝、体重88kg。

おすすめコラム

人気タグ一覧

ストレッチ (24) 鈴木尚広 (20) 元巨人 (22) 島田亨 (4) お酒 (9) 元楽天野球団 (9) 武田翔太 (6) 福岡ソフトバンクホークス (10) 怪我 (2) 動画 (31) ローカーボ (4) 食事法 (30) メンタルケア (12) 夏バテ防止 (5) 疲労回復 (3) 肌荒れ改善 (1) アトピー改善 (1) 松田宣浩 (4) 安眠 (2) むくみ改善 (2)
  • 白寿生科学研究所