心が弱くなった時 元気になる名曲(新倉瞳)

タグ: , , , , 2017/12/31

 音楽家・アーチストとアスリートは共通点が数多くあり、練習や準備、コンサートは試合に例えられたり、そのパフォーマンス、ストーリーはメディアに取り上げられ、聴衆・ファンに様々な感動をもたらします。アーチストもスポーツ選手に力をもらうことがあるといいます。

 チェリストの新倉瞳さんはデビュー10年を経過し、ホテルオークラ賞を受賞するなどスイス、日本を中心に多くのオーディエンスから称賛を集めている。そんな新倉さんに、ココロがつらくなった時、元気が出るようなクラシックの名曲を選んでもらった。


新倉 哀しみに浸れる曲も私は個人的に好きなのですが、自分の感覚として、つらくて悲しいときにはバイオリンの音は聞きたくないんですよ。ちょっと強いので…。その点、ギターとかチェロは耳にカーンと来ないので、オススメです。例えばギターが奏でる三連音符って、ソフトタッチをしてもらっている感じにもなります。「アルハンブラの想い出」は、癒やされる音楽だと思います。

 チェロでいうと歌も入る、ビアロボスのブラジル風バッハがいいですし、あとはピアソラも素敵ですよね。

 病気の方で、私のチェロを聴いて元気になったと伝えて下さる方は、やはり元気な曲に元気をもらうみたいです。ハンガリアンラプソディというチェロの割には派手な曲があって、ちょっとジプシー風なんですが、それを聴いていただいて、元気になったという声も寄せられています。うれしいですね。

 あとはやっぱり、オーケストラの曲って元気になりますね。王道ですが「第九」はみんな元気になります。決して味わえない、壮大感を体感できるじゃないですか。オーケストラの中にいる時って、やっぱり幸せですからね。笑いがこみ上げてしまうような感じです。ぜひ、オーケストラの中にいる気持ちで聴いてみて下さいね。

■ 編集部からのお知らせ
 12月7日に販売の雑誌「CoCoKARAnext」でも掲載中。収まり切れなかったりもっと詳しいお話を後日公開いたします。

健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

〔文/構成:ココカラネクスト編集部 〕

新倉 瞳(にいくら・ひとみ)さん

1985年、東京都生まれ。幼少期を米国とドイツで過ごす。8歳よりチェロを始め、桐朋学園大音楽学部を首席で卒業。スイス留学後はバーゼル音楽院修士課程を最高点で修了。06年には「鳥の歌」をリリースし、CDデビュー。14年からはスイスでクレズマーバンドのメンバーとしても活躍中。17年2月には第18回ホテルオークラ音楽賞を受賞。

おすすめコラム

人気タグ一覧

ストレッチ (24) 鈴木尚広 (20) 元巨人 (22) 島田亨 (4) お酒 (9) 元楽天野球団 (9) 武田翔太 (6) 福岡ソフトバンクホークス (12) 怪我 (2) 動画 (33) ローカーボ (4) 食事法 (33) メンタルケア (12) 夏バテ防止 (5) 疲労回復 (3) 肌荒れ改善 (1) アトピー改善 (1) 松田宣浩 (6) 安眠 (2) むくみ改善 (2)