コーヒー、カツオ、キレイ…外国で使うと卑猥な意味になる日本語とは

タグ: , 2018/8/20


 日本人が日常で使う言葉も、同じ発音なのに外国では全く違う意味の卑猥な言語に解釈されてしまうケースがある。善意で伝えた言葉が先方を不快にさせてしまうと信頼関係が崩れてしまう。以下は海外では使わない方が良い単語の代表例だ。

・コーヒー
日本ではおなじみの飲み物だが、タイで使うと危険だ。タイ語で「コー」は「ください」、ヒーは「女性の性器」を意味する。つまりコーヒーは「女性器が欲しい=やらせろ」というニュアンスになってしまう。

・合わせて読みたい→
日本人男性が異常にモテる意外な国とは 顔のコンプレックスが大きな魅力に(http://cocokara-next.com/motivation/witch-country-japanese-men-be-popular/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧