「一線を超えた問題発言で許されない」 韓国与党「旭日旗を誇る日本 永遠の二等国」に抗議殺到

タグ: , 2018/10/2

 自衛艦旗・旭日旗の掲揚を巡り、日本と韓国の間で国際問題に発展している。日本海上自衛隊が済州で開催される国際観艦式で旭日旗を掲揚する立場を表したことに対し、韓国与党の「共に民主党」の朴ギョン美(パク・ギョンミ)院内報道官は「非常識をもちろん、一抹の良心さえも見られない日本の傍若無人にあきれる」とした上で、「戦犯国として世界の平和を一瞬にして壊し、数えきれないほど殺傷行為を犯した日本が旭日旗を誇っているのは、日本が永遠に二等国家にとどまるしかない理由でないかと思う」と批判した。


 旭日旗は1870年に大日本帝国陸軍の陸軍御国旗(軍旗)として初めて使用され、1889年に大日本帝国海軍の軍艦旗としても採用された。現在は、陸上自衛隊で自衛隊旗、海上自衛隊で自衛艦旗として使用されている。旭日の意匠が表現する「ハレ」・めでたさ・景気の良さにあやかり、民間においても祝事や企業・商品のロゴ、大漁旗、スポーツの試合などで使用されてきた。

 
 韓国の国際観艦式は98年に始まり、10年に1度開催されている。98年、08年と過去の2回は旭日旗を掲揚したが問題視されなかった。今回の騒動の背景として11年のアジアカップ・日本―韓国戦の出来事が挙げられる。韓国代表MF・奇誠庸(キ・ソンヨン)が先制PKゴールを決めた後に猿真似セレモニーを披露。人種差別に当たると問題視された際、「観客席にある旭日旗を見て、私の心は涙した」(旭日旗は確認できず)と弁明して大きな波紋を呼んだ。

・合わせて読みたい→
韓国で社会問題に 中・高校で卒業式後に行われた衝撃の「裸コンパ」とは(http://cocokara-next.com/stress/compa-after-the-graduation-ceremony/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧