柳田、坂本、山田哲…少年時代は違うチームのファンだったスター選手たち

タグ: , , , , , 2019/8/14

 第101回全国高校野球選手権大会にて連日熱戦が繰り広げられている。プロ野球を目指す選手達にとって、ドラフト制度で小さなころからあこがれていた意中の球団に必ず入れるとは限らない。プロ野球で活躍している選手も少年時代は違うチームのファンだったケースは珍しくない。


・柳田悠岐(ソフトバンク) 広島ファン
広島県広島市出身で幼少時は何度も旧広島市民球場に通っていた。広島名物の「スクワット応援」をするほどの自称カープ男子。憧れの選手は野村謙二郎だった。「ホークスは好きだが、カープの優勝が見たくてファンをやっていたのでホークスファンにはならない」とコメントしたことも。

・坂本勇人(巨人) 阪神ファン
兵庫県伊丹市出身。阪神の地元で八木豊、久慈照嘉、和田豊のサインを持っていたという。選手同士の対談企画では「好きなチームは阪神やった。巨人か阪神か、やったら阪神」と発言していた。

・合わせて読みたい→
「令和の怪物」大船渡・佐々木朗希投手にオススメのプロ3球団はココ!(https://cocokara-next.com/motivation/recommended-professional-baseball-team-for-sasakirouki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧