巨人のドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト年」「残念ドラフト年」はいつ?

タグ: , , 2021/10/10

 坂本勇人、菅野智之、岡本和真といった生え抜きスター選手が中核を担う球界の盟主・巨人(読売ジャイアンツ)。2000年以降のドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
巨人・原監督 異例の「続投報道」の裏側 見え隠れする指揮官の思惑とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-tatsunorihara-speculation/

◆神ドラフト=2006年


【高校生】
1 坂本勇人(光星学院)内野手
3 田中大二郎(東海大相模)外野手
4 伊集院峰弘(鹿児島実)捕手

【大学・社会人】
希望枠 金刃憲人(立命館大)投手
3 上野貴久(NTT東日本)投手
4 円谷英俊(青山学院大)内野手
5 深沢和帆(独立リーグ香川)投手
6 寺内崇幸(JR東日本)内野手
7 深町亮介(中京大)投手

【育成】
1 鈴木誠(JR東日本)投手
2 下山学(青森大)外野手
3 松本哲也(専修大)外野手
4 隠善智也(広島国際学院大)外野手
5 芦沢明(シダックス)内野手
6 作田啓一(苫小牧駒大)外野手
7 大抜亮祐(中京)投手

 守備力が優先される遊撃手のポジションで、打力も兼ね備えた選手は長いプロ野球界の歴史を見てもそうそう出てこない。20年シーズンに31歳の若さで通算2000安打を達成した坂本勇人の指名は、巨人にとって幸運だった。06年高校生1巡目で愛工大名電の遊撃手・堂上直倫を入札も競合となり、抽選で外して中日入り。巨人が外れ1位で指名できたのが坂本だった。高卒2年目からレギュラーを獲得し、球界を代表するスーパースターとなった。





 坂本1人でもお釣りがくるほどの大当たり年だが、育成指名の松本哲也が09年新人王を獲得するなど期待以上の働きは嬉しい誤算だった。大学・社会人「希望枠」の金刃憲人は通算17勝(楽天移籍後に6勝)とまずまず。同6巡目の寺内崇幸も通算670試合出場と複数選手がチームに貢献した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧