あのF1レーシングチーム・フェラーリに認められた日本人実業家!「全く興味がなかった」

タグ: , , , 2021/4/22

 F1レーシングチームのスクーデリア・フェラーリとブランディングやリユース事業を手掛ける日本企業・レディオブック株式会社との取組みが今、注目を集めている。

日本企業では実に13年ぶりとなるフェラーリとのスポンサー契約締結。

スポーツとは掛け離れた事業を手掛ける企業が、何故フェラーリとの契約に至ったのか。

今回、レディオブック株式会社のCEO・YUGOさんと、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカー・田中大貴さんとのスペシャル対談が実現。

フェラーリとの取り組みをはじめ、元格闘家のYUGOさんが企業するまでの経緯や今後の目標、さらには今年より新たに始まった格闘家・朝倉未来さんが手掛ける「Breaking Down」との取組みについても語ってくれた。

・今すぐ読みたい→
田中大貴が感じたTravisJapan・吉澤閑也さんの「バスケ愛」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shizuya-yoshizawa-basketball-love/

格闘家から起業し、iPhone修理事業の道へ


田中:現在「レディオブック株式会社」を経営されているYUGOさんですが、元々は格闘家をやられていた。そもそもそこから転じようと思ったのは何故ですか?

YUGO:元々最初はバンドをやっていて、それが解散した後に格闘技を始めました。DEEPなどに出させて頂いていましたね。その後、プロデビューしたと同時に結婚をしました。ただ、僕は、プロになることを目標として格闘技をやっていたので、それが叶った瞬間にモチベーションが下がってしまったんです。それからは練習に行かず、バイトしてパチンコ行って・・・というのが3年ほど続きました。
29歳の時に子供が生まれるタイミングで、このままじゃまずいと思い、色んな選択肢の中で独立することが適切かなと思い、今に至りました。

田中:20代後半は、大変な時期があったんですね。

YUGO:きついというか、クソみたいな時期ですよね。当時の自分は、ネガティブな時期はあまりなくて、それはそれで『パチンコ必勝ガイド』とか見ながら『俺勝てるんじゃないか』とか思っていましたから(笑)ポジティブっちゃポジティブなんですけど、見返してみたらダサいですよね。

田中:そこから起業し、現在の会社「レディオブック株式会社」を設立することになったんですね。

YUGO:元々個人事業主でiPhoneの修理をおこなっていました。その際、TSUTAYAさんと提携する話になり、最初は大阪の戎橋、そしてその後に渋谷の店舗内のスタバ横に電話ボックスのようなものを建てて事業を始めました。その時に法人化を検討したという感じです。





田中:そもそも携帯に関する事業をやろうと思ったのは何故なのでしょうか?

YUGO:正直、手段でしかなかったんです。当初個人事業をおこなっていた時に、女性用アダルトグッズのEC販売をやっていました。というのも、起業することが目的で、法に触れず、自分の哲学に反していなければ、手段は問わないと思っていたんです。その後はサプリの卸販売なんかもやっていましたね。そしてその次に始めたのが、iPhone修理でした。これらって、自分の中では『とりあえずやってみよう』で始めたものだったので、手段でしかなかったんです。その中で、iPhone修理の何が1番引っかかったかというと、リーディングカンパニーがなかったことなんです。僕がその事業を始めた8年前って、スマートフォンがそろそろ普及し始めるなという空気感があったんですよね。だから、自分ならここでリーディングカンパニーを作れるんじゃないかと思ったんです。チャンピオンベルトが空いているわけですから。こういった経緯があって、iPhone修理の事業をおこなうことになりました。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧