西武ライオンズのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?

タグ: , , 2021/9/26

 ドラフト巧者のイメージがある西武ライオンズ。主力選手の流出が多くても、ドラフトで獲得した選手が次々と台頭し、カバーしている印象だ。2000年以降のドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
プロ野球 神ドラフト史!出世順位の「西武ドラ3」の面子が凄すぎる https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seibu-lions-3rd-draft/


●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!

神ドラフト=2001年


 
自由枠 細川亨(青森大)捕手
2 中村剛也(大阪桐蔭)内野手
4 栗山巧(育英)外野手
5 竹内和也(近江)投手

 4人の少数指名で3人が大当たり。2巡目の中村は、相撲取りのような体型で「おかわり君」の愛称とともに長距離砲として覚醒。本塁打王6度、打点王4度などを獲得し、19年には通算400本塁打に到達。満塁本塁打22本は2位王貞治に7本差をつける最多記録で、歴史に名を残すホームランバッターになった。

 4巡目の栗山はヒットマンとして開花。プロ20年目でプロ野球54人目となる2000本安打を達成した。何より主力選手の退団者が多い西武にあって、残留を選んだ中村と栗山の生え抜きコンビは「チームの顔」となり、ライオンズファンに深く愛されている。





 自由枠の細川は強肩と頭脳的なリードを生かして正捕手の座をつかみ、2004年、2008年の日本一に貢献。FA移籍したソフトバンクなど他球団でも活躍し、現役引退した20年まで通算1425試合に出場した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧