ドラフト1位指名で入団拒否した選手たち

タグ: , 2022/7/10

 プロ野球の世界は厳しい生存競争だ。毎年チームを去る選手がいれば、毎年70人以上がドラフトで指名されて入団する。1位指名の選手は12人しかいない。名誉なことで注目度も高いが、希望球団がある選手は意中でない球団に指名されて入団拒否するケースも。過去のドラフトで1位指名されたが入団拒否した選手たちを振り返ってみる。





【関連記事】巨人・岡本和 不安視される「坂本症候群」とは

・江川卓
作新学院で怪物として名を轟かせたが阪急の1位指名を拒否して法大へ。法大4年時にクラウンに1位指名されたが再び拒否して米国へ留学。翌年のドラフト会議の前日に巨人と電撃契約を結ぶが、セリーグ事務局が契約は無効として江川の選手登録を却下した。翌日の78年ドラフトで阪神に1位指名されると、入団後すぐに小林繁との交換トレードで希望球団の巨人に入団。一連の騒動は「江川事件」「空白の一日」と呼ばれ、大きな波紋を呼んだ。

・元木大介
上宮で右のスラッガーとして甲子園に3回出場し、高校通算24本塁打。端正な顔立ちで甲子園のスターになった。89年のドラフトで巨人入りを熱望するが、巨人は大森剛を1位指名。ダイエーから野茂英雄の外れ1位で指名されたが入団を拒否し、1年間ハワイに野球留学。翌90年に巨人からドラフト1位で指名されて入団する。

・小池秀郎
亜大で大学No.1投手として90年ドラフトの目玉に。西武、ヤクルト、阪神、ロッテ、中日、広島、日本ハム、近鉄の8球団が小池を1位で指名した。89年の野茂英雄と並ぶ8球団競合指名となり、抽選でロッテが交渉権を得たが入団拒否。希望球団は西武、ヤクルト、巨人だった。松下電器(現パナソニック) 野球部でプレーし、2年後の92年ドラフトで近鉄が1位指名して入団した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧