楽天のドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?

タグ: , , 2021/6/27

 2004年、プロ野球界に50年ぶりに誕生した新球団・楽天イーグルス。寄せ集めの戦力からスタートしたチームは低迷期を経て創設9年目の13年に悲願の初優勝を遂げた。まだ歴史は浅いが、ドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
巨人・スモークだけではない コロナ禍で家族が来日できず、やむなく退団を決めた外国人選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/foreign-player-who-decided-to-leave/

◆神ドラフト=2006年


【高校】
1 田中将大(駒大苫小牧)投手
3 山本大明(尾山台)捕手

【大学・社会人】
1 永井怜(東洋大)投手
3 嶋基宏(国学院大)捕手
4 横川史学(青山学院大)外野手
5 渡辺直人(三菱ふそう川崎)内野手

【育成】
1 金森久朋(西多摩倶楽部)投手
2 中村真人(シダックス)外野手

 田中将大投手の獲得は、新球団の運命を変えた。高校生ドラフト1巡目で4球団競合の末、島田亨球団社長(当時)が当たりクジを引き当てた。田中は高卒1年目から2ケタ勝利をあげるなど球界を代表するエースに成長。13年には24勝0敗という驚異的な記録を打ち立て、リーグ初優勝、日本一の原動力となった。メジャーでも実力を発揮し、その後の活躍は言うまでもない。





 田中の良き女房役となり、長く正捕手を担ったのが大学・社会人3巡目の嶋基宏。プロ野球選手会長として東日本大震災後の「見せましょう、野球の底力を」の名スピーチでも知られる。同1巡目の永井怜は43勝をマークし、5巡目の渡辺直人はユーティリティープレーヤーとして息の長い活躍をみせた。悪球打ちが得意だった育成2巡目の中村真人も掘り出し物だった。

 田中入団時の監督だった野村克也氏が「マー君、神の子」と名付けたが、まさしく「神ドラフト年」となった球団創設3年目の奇跡だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧