楽天のドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?

タグ: , , 2021/10/9

 2004年、プロ野球界に50年ぶりに誕生した新球団・楽天イーグルス。寄せ集めの戦力からスタートしたチームは低迷期を経て創設9年目の13年に悲願の初優勝を遂げた。まだ歴史は浅いが、ドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
十年一昔・・・史上最高に盛り上がりまくった2010年ドラフト 真の勝者はどの球団か https://cocokara-next.com/athlete_celeb/npb-2010-draft/

◆神ドラフト=2006年


【高校】
1 田中将大(駒大苫小牧)投手
3 山本大明(尾山台)捕手

【大学・社会人】
1 永井怜(東洋大)投手
3 嶋基宏(国学院大)捕手
4 横川史学(青山学院大)外野手
5 渡辺直人(三菱ふそう川崎)内野手

【育成】
1 金森久朋(西多摩倶楽部)投手
2 中村真人(シダックス)外野手

 田中将大投手の獲得は、新球団の運命を変えた。高校生ドラフト1巡目で4球団競合の末、島田亨球団社長(当時)が当たりクジを引き当てた。田中は高卒1年目から2ケタ勝利をあげるなど球界を代表するエースに成長。13年には24勝0敗という驚異的な記録を打ち立て、リーグ初優勝、日本一の原動力となった。メジャーでも実力を発揮し、その後の活躍は言うまでもない。





 田中の良き女房役となり、長く正捕手を担ったのが大学・社会人3巡目の嶋基宏。プロ野球選手会長として東日本大震災後の「見せましょう、野球の底力を」の名スピーチでも知られる。同1巡目の永井怜は43勝をマークし、5巡目の渡辺直人はユーティリティープレーヤーとして息の長い活躍をみせた。悪球打ちが得意だった育成2巡目の中村真人も掘り出し物だった。

 田中入団時の監督だった野村克也氏が「マー君、神の子」と名付けたが、まさしく「神ドラフト年」となった球団創設3年目の奇跡だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧