ヤクルトの神ドラフト年、残念ドラフト年はいつ?

タグ: , , 2022/3/20

 ヤクルトスワローズの2000年以降のドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
平成史上最悪のドラフト・・・ヤクルトの2014年暗黒ドラフトを忘れない https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yakult-swallows-2014-draft-players/

◆神ドラフト=2005年


【高校生】
1 村中恭兵(東海大甲府)投手
3 川端慎吾(市和歌山商)内野手
4 水野祐希(東邦)捕手

【大学生・社会人】
希望枠 武内晋一(早稲田大)内野手
3 松井光介(JR東日本)投手
4 高木啓充(大阪体育大)投手
5 飯原誉士(白鴎大)内野手

 突出した成績を残した選手こそいないが、高校生から社会人、上位から下位指名までバランスよく活躍した2005年ドラフト組。打力を開花させた川端慎吾は15年に首位打者を獲得し、リーグ優勝に貢献した。武内晋一、飯原誉士とともに1軍で息の長い活躍。投手では高校1巡目の村中恭兵が2度の2ケタ勝利をマーク。松井光介も主にリリーフでブルペンを支えた。





 他に当たり年は高井雄平と館山昌平の2002年、田中浩康と松岡健一の2004年、石山泰稚と小川泰弘の2012年など。2003年4巡目で獲得した青木宣親、2010年に抽選を2度外して指名した『外れ外れ1位』の山田哲人は、いずれも球界を代表するスーパースターになった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧