ヤクルトの神ドラフト年、残念ドラフト年はいつ?

タグ: , , 2020/11/20

 甲子園で活躍した星稜・奥川恭伸投手を3球団競合の末に、高津監督が引き当てた2019年ドラフトが印象的なヤクルトスワローズ。2000年以降のドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
「外れ外れドラフト1位」で大ブレークしたヤクルト・山田哲人の凄さとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dreadfulness-of-tetsutoyamada/

◆神ドラフト=2005年


【高校生】
1 村中恭兵(東海大甲府)投手
3 川端慎吾(市和歌山商)内野手
4 水野祐希(東邦)捕手

【大学生・社会人】
希望枠 武内晋一(早稲田大)内野手
3 松井光介(JR東日本)投手
4 高木啓充(大阪体育大)投手
5 飯原誉士(白鴎大)内野手

 突出した成績を残した選手こそいないが、高校生から社会人、上位から下位指名までバランスよく活躍した2005年ドラフト組。打力を開花させた川端慎吾は15年に首位打者を獲得し、リーグ優勝に貢献した。武内晋一、飯原誉士とともに1軍で息の長い活躍。投手では高校1巡目の村中恭兵が2度の2ケタ勝利をマーク。松井光介も主にリリーフでブルペンを支えた。





 他に当たり年は高井雄平と館山昌平の2002年、田中浩康と松岡健一の2004年、石山泰稚と小川泰弘の2012年など。2003年4巡目で獲得した青木宣親、2010年に抽選を2度外して指名した『外れ外れ1位』の山田哲人は、いずれも球界を代表するスーパースターになった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧